フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 気管支に栄養チューブ,誤挿入事故

くたびれナースマンです。

昨日の朝刊にこんな医療事故のニュースが

気管支に栄養チューブ、90代患者死亡 徳島の病院

 徳島県吉野川市の麻植(おえ)協同病院は4日、入院患者の90代女性がチューブで流動食を摂取中に嘔吐(おうと)し、死亡する事故が起きた、と発表した。胃に挿入したはずのチューブが気管支に入っていたことから、病院は異状死と判断し、県警に通報。医療ミスの可能性もあるとして、事故調査委員会を設置し、死因などを究明する。
 病院によると10月31日午後5時ごろ、看護師3人が患者の鼻からチューブを挿入。胃に入ったかどうかを聴診器を当てて確認し、薬液と流動食の注入を始めて退室したという。約40分後、患者が嘔吐して意識不明になっているのを巡回中の看護師が発見。その後、心肺停止状態になり、CT検査で調べたところ、チューブが右の気管支に入っていたことがわかった。間もなく死亡が確認されたが、直接の死因は不明という。
 患者は骨折で10月2日に入院。肺炎も起こし、口から食事がとれないためチューブを使っており、挿入したのは5回目だった。
 原因について病院は、最初に過ってチューブを気管支に挿入したか、嘔吐した際に何かの拍子で気管支に入ったかの二つが考えられる、と説明。橋本寛文院長は「患者と遺族に深くおわびする。誠意ある対応をし、再発防止に全力を尽くしたい」と述べた。

経管栄養チューブの誤挿入事故。繰り返し発生している事故です。そのあたりの詳細は今度に。
このニュースを見て、最初に感じたことは、「看護師がチューブを挿入」という点です。
この看護師施行に関しては昔から検討されている点です。

原則、医師が挿入という病院が多いと思っていました。
除外項目として、注入のためのチューブ挿入は医師、減圧目的のチューブ挿入は看護師OKとしている病院もあると聞いたことがあります。

ナースマンの病院も医師が挿入です。
また手順でも、挿入後
・排液を確認する(胃に挿入されていれば、胃液等の排液が確認できるため)
・音で確認(わざと注射器で空気をいれ、胃に入っているのを確認)
・レントゲンで確認(一番確実ですが、手間がかかります)

加齢による嚥下機能低下に伴って、安易に気管支に入ってしまいます。
リスクファクターが大きいのに、その手技を盲目的に行います。
看護師が実施するにしても、かなりの技術が求められる行為です。
リスクと技術という点を考慮し、医師施行の病院が・・・と思っていましたが

胃管挿入

この表は
①平成22年厚生労働省の「看護業務実態調査」
②平成22年日本医師会調査の「看護職員が行う医行為の範囲に関する調査」
2つの調査結果を抜粋しました。

この結果を見て、びっくり!。看護師がされている病院って結構あるんですね。
調査方法が解らないのですが、結果だけ見ると3~4割の病院の看護師は実施しているという結果。

昨今看護師不足がクローズアップされていますが、医師不足も言われています。
業務の線引きが、なかなか難しいグレーゾーンのため、このような調査や特定看護師の設置が進んでいるのしょうか。

しかし、事故が発生したの事実で、直接実施した看護師に責任追及があるかもしれません。
現状の医療と看護の線引きの難しさを露呈している典型的な事故かもしれませんね。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。