フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 今一度、自分自身を振り返る

くたびれナースマンです。
この三連休の出来事

マーチングカーニバル

子供が「マーチングカーニバル」に出るということで、見に行ってきました。
会場が大阪城ホール(凄い)

十数か所の保育園・幼稚園があつまり、各々マーチングを。
見ていて、純粋無垢で一生懸命。こちらの心も洗われるような・・・・。

今の自分は、純粋に「看護したい」と思っているのか、考えさせられました。

医療は基本的に「利益追求をしてはいけない」と書かれていた本がありました。
患者に利益を、そして共に発展していくというのが医療の根本的な考え方だと。

しかし、社会情勢も変化していくなか、医療界も競争社会に入っています。
売り上げが悪い病院は、倒産しているのが現状です。
そこで各病院では、毎日のように数字(結果)の動向をモニタリングしています
1日外来患者数・1日入院患者数
平均在院日数・看護必要度
看護師数
また科別にデータを出したり、手術実績の把握
紹介状況・救急搬入状況などなど
一般企業並みに数字のモニタリングを行い、毎日売上の評価を行っています。
やっていることは一般企業が利益を追求しているのと変わりないのかなあと。

しかしこの病院の利益の考え方なんですが
まず固定費の捻出。
医療は医師・看護師・薬剤師など資格を持った方が多く、また病床数に対して国から必要人数が決められています。
人件費を削ってという経費削減が出来ない分野かもしれません。
患者いるのに医療者いないというのは、患者に不利益になります。

より利益を上げて、最新の医療機器を購入。
これに関してはより高度な検査機器・高度な手術機器は患者にとって有益です。

つまり病院の利益追求は最終的に患者に還元されるというコンセプトで成り立っているのではと考えます。
頭の中では解っているのですが、毎日毎日数字と戦っていると、ただ単に数字を上げるためにという行動をとってしまいそうな自分がいます。
今回、今一度自分の役割が何かを子供に教えてもらったような気持ちです。
ただ、看護師なので、「現場に戻りたい!」これが本音かも。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

  • 11月 04 2014
    • 2014/11/04(火) 14:50:23
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ミニーママ-
訪問ありがとうございます。

過去にフルートをやっていたので、マーチングも経験しましたが、マーチングは、大人でも大変ですよね。

現場は現場で大変のではないですか?
現場は、ひとつのミスは許されないですもんね。

ポチ♪
ミニーママさん。コメントありがとうございます。
現場は大変ですが、やっぱり患者さんと接する。
これが看護の基本だと思っています。
緊張感もありますが、この緊張感も達成感・
満足感に変ります。
やっぱり現場です。

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。