フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 看護師流出。魅力ある職場作りを!

くたびれナースマンです。

以前にも投稿しました看護師不足。千葉県で大きな問題になっています。

看護学生の流出防げ…千葉県、対策強化
中国人受け入れ調査も
 千葉県内で看護師不足が深刻化している。人口10万人あたりの看護師数が全国ワースト2位という絶対数の不足に加え、大病院への集中や地域ごとの偏在もあり、規模縮小を余儀なくされる医療機関も出てきた。
 こうした状況に県は、看護学生への修学資金の貸付枠を50人拡大し、中国人看護師の受け入れに向けた調査も始めた。

看護師不足で一部病床閉鎖、38病院
 4月に開所した東葛医療福祉センター「光陽園」(柏市酒井根)は、ベッド数80床で運営する予定だったが、現在、30床しか受け入れていない。理由は看護師不足だ。東葛地域初の重症心身障害者向け施設で、県も支援に乗り出したが確保のめどは立っていない。施設利用のニーズは高く、約50人が入所待ちしているという。

 県によると、東葛地域は大規模病院が多いため、特に看護師の確保が難しい。同園の担当者は「特殊な看護となり慣れるまでに時間もかかる。待遇改善のための資金助成や特別な資格を設けるなど、公的支援がほしい」と訴える。

 厚生労働省のまとめによると2012年末現在、県内の看護師数は3万5433人で、人口10万人あたりでは572人となり、埼玉県(528人)に次いで少ない。最も多い高知県(1223人)と比べると、半数以下だ。

 県の昨年度の調査では、看護師不足を理由に一部病床を閉鎖しているのは38病院。閉鎖病床数は1373床に上っている。県が今年4月にまとめた25年時点の需要推計では、最大約1万5000人の看護職員(保健師など含む)が不足すると見込む。
修学資金貸付枠を拡大
 大きな要因とされるのは、県内学校に通う看護学生の県外流出だ。昨年度、県内の看護学校を卒業した2007人中、県内の病院に勤務したのは1328人で、3分の1が県外に流れた。ベテラン看護師は「好待遇や高度な経験が積めるとの期待から、東京での勤務を望む人が多い」と語る。

 県は、年度途中ながら、県内の看護学生らに対する貸し付け事業(最大月1万8000円)の枠を300人から50人拡大する。この貸付額も全国で最低水準だが、卒業後県内で5年間勤務すれば返還が免除される。

 中国人看護師の受け入れに向けては、千葉大に業務委託して調査を進めている。中国人看護師を招いて日本の医療現場を知ってもらい、中国に戻った際の「講師役」として育てたい考えだ。県は「漢字が読める中国人なら外国人看護師の壁となっている日本語能力も乗り越えやすいのでは」とみている。

 県看護協会が運営する県ナースセンターは今年度、出産などで一度離職した看護師が復職しやすいよう、県内での就職を希望する人向けに無料の講習会を開催している。同協会の沢田いつ子専務理事は「『確保』という視点だけでなく、再就業支援や、離職率を下げるための職場づくりが必要」と指摘している。

この記事で、最初に気になったのは、「人口10万人あたりの看護師数」
一つの指標なんですかね。いままで気にしたことがない数字だったので調べてみました。
調べていると、平成20年と平成24年の情報が錯綜していたので、独自に一つの表に

看護師人口比率
47都道府県なので、長細い表になってしまいました。
千葉県はワースト2。看護師が少ないということで、看護師確保に取り組んでいるということがわかります。

1位は高知県、2位鹿児島、3位長崎・・・となっています。
ワーストは、埼玉・千葉・神奈川となっていますね。

この表を作成しながら感じたことは、人口総数に引っ張られる傾向があります。
大都市と言われる東京・大阪は下位です。上位をみますと人口総数が少ないという傾向があります。
しかし、看護師数と人口総数の計算なので、手厚い看護師数というのは言えるのかなと・・・。
もうひとつ数字があれば、根拠が強くなるのかなと考えているのですが、
都道府県別看護師充足率みたいな指標があれば、その都道府県で看護師が潤っているかどうかが判断できるのでは?

地方の学校を訪問している際、長崎・宮崎は地元志向が強いですね。
山口県は医師会・看護学校が流出阻止に力を入れていると聞いたことがあります。
一度だけ、関東をのぞこうと仙台に行ったことがありますが、震災後ということもあり、超~地元志向でした。

各々の都道府県で傾向が違いますし、年々でも傾向が変化します。
千葉県と高知県ではWスコアになっています。また実際に不足のためベットを閉めている病院・施設があるというのは早急に対策が必要ですね。

中国人看護師
→ありかもしれませんが大変です。ナースマンも数名対応したことがあり、現在も1名働いてもらっています。文化の違いってこんなにあるのかと痛感させられました。(今は就業日数も経ち、お互いに慣れて問題はないですが)
潜在看護師支援
→これも以前から取り組まれているものですね。これも潜在看護師も有効とは思いますが、変則勤務・時短勤務など常勤で確保は難しい問題と、離れている期間が長ければ長いほど教育に人と時間がかかるというデメリット。
奨学金
→人数確保には有効です。ただし千葉県1万8千円では安すぎます。
今、病院の奨学金5~8万と言われています。もっとやっているところは入学金・授業料も負担している病院も存在します。
この額で確保は難しいのでは?。また奨学金生は、返還義務年数後の退職率が高いです。確保というより、人が入れ替わるだけという状況に陥る可能性もあります。

この看護師確保は都道府県もそうですが、病院にとっても死活問題なので、もっと今の就職活動の情報を収集し対策を練らないと後手を踏む可能性が。

この表で独自に平成20年~平成24年の増加率を載せております。すべての都道府県で5~10%ほど看護師数が増えており、良い傾向だと思うのですが、大阪だけ増加率2%。ワースト1です。

看護学校も多く、他県と同じか平均以上増加する土壌はあるはずなのに、大阪なにか問題ですよ。定着に向け早急な対策が必要なのではと感じました。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。