フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 強力な危険ドラッグ、ハートショット拡大 5人死亡

くたびれナースマンです。

危険ドラッグへの警告を込めて、関連ニュースをいくつか投稿していますが、
危険ドラッグ使用の死亡ニュースが

強力な危険ドラッグ、ハートショット拡大 5人死亡

 危険ドラッグを巡る事件や事故が相次ぐなか、「ハートショット」と呼ばれる薬物が先月から急速に広がっています。このハートショットは、強力な成分を含んでいるにもかかわらず、違法薬物にまだ指定されていないため取り締まりが難しく、吸引するなどして関東だけでも少なくとも5人が死亡していることがANNの取材で分かりました。厚生労働省は、近く違法薬物に指定する方針です。

 捜査関係者などによりますと、ハートショットは、石油から精製してできる危険ドラッグの一種で、吸引すると麻薬のように幻覚や興奮などの症状が現れます。最近、海外から輸入されて急速に出回ったとみられ、成分がまだ違法薬物に指定されていません。ANNが関東の警察に取材した結果、先月以降、少なくとも横浜市で4人、東京・板橋区で1人がハートショットを吸引して死亡したとみられることが分かりました。また、都内で起きた危険ドラッグが原因とみられる8件の交通事故のうち、6件の現場でハートショットが見つかり、押収されていたことも分かりました。健康被害は事故の件数の数倍規模に広がっているとみられ、厚労省は近くハートショットに含まれる成分を違法薬物に指定する方針です。

「脱法ドラッグ」から「危険ドラッグ」に名称変更し、TVでも頻繁に取り上げて注意喚起しているにもかかわらず、この手のニュースは後を絶ちませんね。

本当にいたちごっこです。
医療界なら、抗生剤と菌のいたちごっこを考えます。この点に関しては治療に対する副産物的な考えもあり、新しい薬が続々登場しますね。

危険ドラッグに関しては、次々に登場したら困るのですが・・・。
(現時点で)法律に触れていないからと言っても、死亡という健康被害を生みだしたり
社会生活に支障を来たすようなものは・・・。
使用に関しても、法律に触れていないので自己責任というのも規制があってないようなものと感じます。

今回の「ハートショット」死亡事例が出ています。この危険ドラッグだけではありません。
使用に対し、使用者一人の問題では済まないです。今一度考えましょう。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。