フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 救急外来での1コマ。患者対応の優先順位間違わない様に!

くたびれナースマンです。

最近、夜勤が続いており救急対応に借り出されることが・・・。
またまたそこでの1コマ
今回は、仕事(業務)の優先順位ということで、
救急の場面においては、今から搬入される救急患者を対応すればOKという場面と、救急患者が重複するという場面がある。また2次救急・3次救急、病院の規模によってまちまちだが、救急対応と時間外のWalkinしてくる患者も対応するという両方を兼ねてい病院も多数ある。
Walkinも対応する病院は重複業務の場面は多々になると思う。

今回は救急受け入れを行う際、walkinの患者が2名。計3名の患者が重複した場面。

①救急患者⇒ 転倒による、上腕部骨折または脱臼疑い・外傷あり
②walkin患者1 ⇒ 感冒症状主訴。診察のみで内服まち
③walkin患者2 ⇒ 全身倦怠感主訴。診察後点滴指示。

②③の患者は診察終了し、内服・点滴実施まち。という場面でした。

①に関しては受け入れから初療観察はナースマンがするからと指示を出しているにも関わらず、①救急患者から離れようとしないA看護師。
②③の患者はお待たせ状態。
ナースマン「早く(②③)の人対応しておいで」と言っても、何か想いのがあるのか行動が遅い。
しびれを切らし、命令口調と言ってしまいましたが・・・。

重症患者を見て、救急患者の優先順位が1番になってしまったのか、謎です。

2人のスタッフで3人対応です(ナースマンは応援ですが)
優先順位の付け方として良かったのはと振り返りを個人的にしました。

A,  ①⇒②⇒③
B,  ①⇒③⇒②
C,  ②⇒①⇒③
D,  ②⇒③⇒①
E,   ③⇒①⇒②
F,  ③⇒②⇒①

さあ、どの順番で対応するのが良かったのか。対ヒトなので一概に言えませんが。


A看護師は (A)を選択したみたいです。


ナースマンは、(D)を選択しました。

まず救急患者ですが、一度対応を始めると所要時間はわかりません。
確定診断は?、必要な処置は?など、結構時間がかかる時があります。
つまり、救急患者に固執してしまうと、②③の患者は待ってもらわなくてはいけません。
この場面、救急にはナースマンがいますので、②か③を優先。
時間がかかることを考えれば、間に救急患者を対応するのもちょっと・・・
ということで、(A)(B)(C)(E)は選択から消えます。

次に②と③ではどちらを優先するかということなんですが、正直どちらでもなんですが
あえて優先順位をつけるなら、②⇒③だと考えます。
内服の説明と点滴の実施、自分自身どれくらいの時間が必要かにも左右されますし、
点滴の患者に関してはベット横になってもらう(時に実施前にトイレに行ってもらう)など時間を稼げるので
先に②内服説明をし、点滴実施が妥当ではと・・・。
②・③を対応すれば救急に戻りナースマンと交替。これがベターでは。

例えばです。レアの事を言えば、内服説明時、患者がおしゃべりで時間が・・。質問攻めで時間が・・。
点滴も、数回失敗し時間が・・・。 このあたりの要因は今回無視でお願いします。

救急の場面ではよく遭遇すると思います。これを一瞬でそれも頭の中で判断するのが救急部門です

今回救急患者は左上腕骨開放骨折で緊急度が高かったのですが、命を左右という場面ではなかったです。
しかし、そんな場面に遭遇する時もありますので、優先順位の判断。質を高めていきたいと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。