フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 患者目線で。入院中に困ったことTOP3後半

くたびれナースマンです

前回に続き、患者目線のアンケート結果

■入院したら心配なこと1位は「入院や手術にかかるお金」で8割半、2位は「入院期間」で6割半。有職層の3割半は「仕事の状況」が心配、既婚女性の3割は「夫の生活」が心配

 では、これまで入院をしたことがない人は、どのような不安を抱いているのか。入院未経験者(500名)に、もしも入院するとしたら心配なことは何か聞いたところ、「入院や手術にかかるお金」が8割半(86.8%)で際立って高く、次いで、「入院期間」がどのくらいになるのかが6割半(63.2%)で続いた。入院費用や入院期間を心配している人が多いようだ。有職層についてみると、「職場復帰ができるか」が4割(41.8%)、「担当している仕事の状況がどうなっているか」は3割半(36.8%)となり、仕事に関する心配も挙げられた。

 また、既婚層では「夫・妻が1人で生活(家事)できているか」(23.4%)が、子どもがいる層では「子どもの世話をしてもらえているか」(26.9%)が、それぞれ2割半となった。配偶者については、特に女性のほうが心配なようで、「夫・妻が1人で生活できているか(家事ができているか)」は既婚男性の2割(18.3%)に対し、既婚女性では3割(29.8%)となった。

■もし入院したら誰を頼りにする?精神的な支えでは「配偶者・恋人」を頼りたいが1位、身の回りの世話では「母親・義母」を頼りたいが1位

 夫の8割が「身の回りの世話は配偶者に」と思っている人が多く、一方で、妻はわずか5割半だった。では、入院することになった場合、誰が頼りになると思われているのか。入院未経験者(500名)に、≪精神的な支え≫と≪身の回りの世話≫について、もしも入院するとしたら頼りにしたい人を聞いたところ、≪精神的な支え≫では、「配偶者・恋人」が4割(40.0%)となり、「母親・義母」(19.8%)の2倍の割合となった。一方、≪身の回りの世話≫では、「母親・義母」(36.6%)が最も多い結果となっている。≪身の回りの世話≫について既婚層を男女別にみると、既婚男性(夫)の8割(77.9%)は「配偶者」を挙げているが、既婚女性(妻)では、「配偶者」は5割半(56.0%)になり、「母親(義母)」が3割(28.6%)となった。

■もし、入院することになったらどんな病院がいい?

 もし入院するならどんな病院がいいかを聞くと、1位が「食事が美味しい」病院が、2位が「個室料金が安い」病院という結果に。また、男性の2割が「美人な医師・看護師のいる病院がいい」、ママの3割が「子どもの世話を見てくれる施設」を希望していることもわかった。できれば入院はしたくないものだが、もしも入院するとしたら、病院や周囲に対し、どのようなことを望むのか?

 全回答者(1,000名)に、もしも入院することになるとしたら“○○だったらいいな・○○があったらいいな”と思うことを聞いたところ、もっとも多かったのは「食事が美味しい」で6割(58.5%)、次いで、「個室料金(差額ベッド代)が安い」5割半(54.8%)、「個室で入院したい」5割(50.7%)、「無料で使えるPCがある」4割(42.3%)が続いた。

 最近では、レシピ本が出版されるほど美味しいと評判の病院食もあるようだがが、“病院食=美味しくない”とのイメージがまだまだあるようで、おいしい病院食を味わえる病院がいいとの回答がトップとなった。また、入院時の困った経験では同室の患者さんに困ったとの回答や暇だったとの回答もみられたが、個室に対する希望や、パソコンや本の貸出など入院生活を充実させるための希望も上位に入った。

 男女別にみると、多くの項目で男性よりも女性のほうが希望する割合が高くなったが、「イケメン・美人な医師・看護師のいる病院がいい」では男性のほうが高く、2割(21.0%)となり、意識差が明らかになった。また、子どもがいる女性(ママ)では「子どもの世話を見てくれる施設がある」が3割(29.8%)となっている。

■もしも明日入院することになったら備えができているか?

 入院経験者に比べ準備不足の傾向があることがわかった。入院未経験者が準備できているものの割合は「知識」が2割半、「お金」が3割半、「医療保険」が5割だった。

 最後に、もしも明日入院することになったら備えができているか、≪医療保険(加入している、必要な入院給付金日額がある、手術の保障があるなど)≫、≪お金(医療費の支払い、諸雑費の費用など)≫、≪知識(高額療養費制度、医療保険の適用範囲など)≫について聞いたところ、入院経験者(500名)についてみると、準備できている割合は≪医療保険≫では6割半(63.2%)、≪お金≫と≪知識≫では4割(39.0%、39.2%)と、医療保険以外は半数に満たない結果となった。

 次に、入院未経験者(500名)についてみると、準備できている割合は、≪医療保険≫では5割(51.0%)、≪お金≫では3割半(32.6%)、≪知識≫では2割半(25.0%)となり、医療保険では半数以上となったものの、いずれの項目においても入院経験者よりも低くなった。

 入院未経験者が入院に対して抱く不安の上位には“入院・手術費用の心配”が挙がっていたが、費用の心配に対してお金の備えができているという人は、多いとはいえないようだ。万が一の時のことはあまり考えたくないものだが、いざケガや病気で入院となった時に、治療に専念できるように、日頃から準備をしておくことも大切ですね。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。