フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • またまた不祥事。大学病院で患者1万3千人分記録のメモリー紛失

くたびれナースマンです

以前にも、病院関係というのは個人情報の宝庫という投稿をしましたが
三度同様の情報流出の不祥事が

大学病院で患者1万3千人分記録のメモリー紛失

 大分大医学部付属病院(大分県由布市)は29日、総合内科・総合診療科を受診した患者1万3286人分の個人情報が入ったUSBメモリー1個を紛失したと発表した。

 発表によると、USBには2003年以降の初診の患者(1万3157人)の名前や生年月日、住所、電話番号、検査項目、病名などが入っていた。臨床試験に協力した患者(129人)の名前や投薬時期などのデータも含まれていた。個人情報が悪用されたとの報告は入っていない、としている。

 USBは院内の検査室に置いていたが、21日午後、職員がなくなっていることに気付いた。病院の内規では、USBなど持ち運び可能な記憶媒体に個人情報を記録することを禁じている。医師や職員は「バックアップのためだった」と説明したという。

 記者会見した津村弘・副病院長は謝罪し、「二度とこのようなことがないよう、指導を徹底する」と述べた。

最近、某通信会社での個人情報流出が大きな問題として取り上げられていましたよね。

電子カルテが主流になってきた昨今、データ管理の重要性は言われていますが

反面、このようなUSBでの持ち出しも簡単になりました。
昔のように紙カルテなら、持ち出ししようとしても2~3人分が限度でしたが
電子化で1万人以上のデータが簡単に運べるという時代。

個人情報保護法という法律で、話が進みますが、
医療界に関しては、診療所・事業所すべて含んだガイドラインが存在します。

扱う情報の数ではなく、医療界はすべて個人情報保護に準じて・・・
それほど重要視されているのに、なぜ!!

院内だけの移動?、電子カルテなら必要ないですよね。
USBにデータを落とした段階で、持ち出しを前提としていると思うのですが。

ナースマンの病院では、USB禁止です。禁止にしても勝手にという職員がいるので
すべてのPCのUSBポートを潰しています。
データもそうですか、ウイルス感染も防止しています。
データが欲しい・必要時は中央サーバーからしか取れません。すべて許可制です。

ナースマンが仕事上、個人で使用しているPC。
患者情報fが入力されている分に関しては、インターネットにも接続せず
机に据え置きで、持ち運びできない様にしています。

個人の意識です。医療従事者、特に医師・看護師は研究という名目で
情報を欲しがり、簡単に外部に持っていく傾向があります。
研究だと、母数(症例数)が大きいほど、信頼性が上がりますので、
流出した際、大きなことになる可能性が・・・。

そのような大切で、かつ重要な情報を扱っているという意識を持ってほしいです

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。