フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 世田谷・玉川病院の看護師 故意に大量インスリン投与

くたびれナースマンです

インスリン関係の恐ろしいニュースが・・・・

世田谷・玉川病院の看護師 故意に大量インスリン 殺人未遂容疑で立件へ


公益財団法人「日産厚生会」が運営する玉川病院(東京都世田谷区)で4月、看護師の女=休職中=が入院患者の90代女性に故意に大量のインスリンを投与した疑いが強まり、警視庁捜査1課が近く殺人未遂容疑で立件する方針を固めたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。女性は一時的に容体が悪化したが、治療を受けて回復した。女はこの女性の担当看護師で、捜査1課は何らかのトラブルがあったとみて詳しい経緯を調べている。

 捜査関係者によると、女は4月下旬ごろ、病院内で女性に大量のインスリンを投与し、殺害しようとした疑いがもたれている。女性は一時的に低血糖の状態になり、手足の震えなどの症状が出たが、治療を受けて回復し、命に別条はなかった。

 インスリンは膵臓(すいぞう)から分泌され、血糖値を抑える働きがある。糖尿病の治療薬として知られるが、女性は糖尿病ではなかった。

 捜査1課は病院側から連絡を受け、インスリンが目的外で使用された疑いがあるとみて捜査。医師や看護師らの勤務実態などから、女性が容体を悪化させた時間帯に女が接触していた可能性が高いことが判明。院内のインスリンの一部が無断で持ち出されたとみられることも分かった。

 インスリンの大量投与で低血糖状態のまま放置されると、意識レベルが低下して死に至ることもある。捜査段階で女性の血糖値は正常の範囲に戻っていたが、捜査1課は糖尿病ではない患者に大量に投与した疑いがあることなどから、女に少なくとも「未必の故意」による殺意があったと判断したとみられる。

 玉川病院は昭和28年開設の総合病院。病院側は産経新聞の取材に対し、「警察が捜査中で、すべてのことがはっきりするまでは何も話せない」としている。

京都大学のインスリン事件を思い出しますね。

あの時は、一緒に仕事すると忙しいなど言われ、患者が大人しくなったら忙しくなくなる。
周りからあれこれ言われなくて済むという思考回路で、インスリンを勝手に投与したという事件

詳細がわかりませんが、酷似していますよね。
何か人間関係のトラブル(職員同士?患者と?)か、精神的な要素か、

病院という環境は、人を殺してしまう道具・薬品がたくさんあります。
医療関係者は日々の繁忙でそのことを意識しなくなります。だから医療事故が起きるんですよね

今回は「故意」です。明らか殺人行為です。動機の詳細が気になりますが、

現段階では、自分の行う医療・看護行為をより正確に行う意識を再認識するです。

ナースマンでした




看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。