フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 尊厳死

くたびれ ナースマン です

リビングウィルでの投稿で出てきたキーワード「尊厳死」

まず概要を理解しなければ、前に進めません

尊厳ある死の定義
「尊厳ある死」(Death with Dignity -本来の意味での「尊厳死」) とは、人間としての尊厳を保って死に至ること、つまり、単に「生きた物」としてではなく、「人間として」遇されて、「人間として」死に到ること、ないしそのようにして達成された死を指す。
こう理解するなら、「尊厳死は倫理的に許されるか」と問う必要はなく、定義からいって尊厳死は目指されるべきこととなる。i.e. すべての死は尊厳死であるべきなのである。
i.e.これは目標ないし理念をあらわす概念である。
これに対して、「尊厳死を実現するにはどのようにすればよいか・するべきか」が問題となる。ことに「死」以外に人間らしさを保つ方途がないと判断 される場合に、意図的に死をもたらすことが「安楽死」と呼ばれる。
安楽死の定義
苦しい生ないし意味のない生から患者を解放するという目的のもとに、意図的に達成された死、ないし その目的を達成するために意図的に行われる「死なせる」行為。
(1) 「苦しい生ないし意味のない生」というのは、患者が「苦しい」「もはや生きる意味がない」と評価している場合を指しているのであって、決して他から生に意味があるかどうかを評価するものではない。
(2) この定義は、「安楽死」という語自体に倫理的評価を含めないようにするものである。現在の使われ方には、「京北病院の事例は安楽死とはいえない」というような 言い方で、倫理的ないし法的に正しいと認められるもののみを安楽死と呼ぶような 使い方もあるが、それに従うと「安楽死は正当化できるか、できるとすればどのような場合か」といった問題の立て方ができなくなるので、それを避けようとした。 また、意図的でなくても結果として「患者が死によって苦から解放された」という 場合も「安楽死」と呼ぶような定義を採用すると、考慮しなければならない範囲が 広がり過ぎ、考えようによっては全ての死は生きる苦からの解放であるということ になってしまうので、「意図的」という限定を効かせているつもりである。

色々調べていくなかで、webの中で一番理解しやすいものかなと感じました。
もっともっと深い意味があったり、現場では本人・家族の社会背景により変化していくものかなと思います

尊厳死=安楽死 という図式は成立しない。させてはいけないということを学びました

ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。