フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 入院加療義務と療養指導義務

くたびれ ナースマン です

法的RMシリーズ 今回は「入院加療義務」と「療養指導義務」です


救急医療で特に問題となるのは、入院させる必要があるか否かの判断

救急車


入院が必要な患者に対して、医療機関側には「入院加療義務」があります

・入院させずに帰宅させ、「悪しき結果(死亡、後遺症)」が生じた場合、帰宅させたこと自体に責任があるとされることがあります。入院加療義務が認められない場合でも、経過観察を患者本人・家族に委ねるわけであるから、「療養指導義務(患者に対する直接的な管理が及ばなくなるときは、医師が患者に対して適切なアドバイスをしなければならない)」が厳格に認められることになります。

★帰宅させる場合は、次のことに注意
①患者・家族に患者の経過観察の必要性とその内容を説明する。
②緊急時の適切な対応を説明する。「おかしくなったらすぐに連絡し来院するように」と説明
③緊急時の病院側の受け入れ態勢を整えておく。

時々遭遇する事案ですね。
救急外来で帰宅していただいた患者が急変。本当に気持ちがズンと落ち込みます
感冒で受診しAMIで急変。これは予測できないですが、気持ちはズン!

だからと言って、何でもかんでも経過観察入院というのも・・・。
時々といいましたが、滅多にですね。
医師の説明と記載しましたが、救急外来で帰宅してもらう時、看護師の再説明と確認は重要ですよ

必ず確認です。ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。