フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 法的RM 説明義務4

くたびれ ナースマン です

法的RM 説明義務4 選択権に関して

患者の選択権を保障するための説明義務

有効性と安全性で医療水準に達している複数の選択肢が存在するときは、次のように説明するのがよい
(注意:保存的治療も立派な選択肢)

① ㋐ ㋑ ㋒という選択肢がある。
  それぞれのメリット・デメリットはこうである
  特に「悪しき結果(死亡・後遺症)」について説明すること(できれば一般的な確率、自院での確率も説明すること)
②主治医としては㋐が望ましいと考える。その理由はこうである
③ ㋐ ㋑ ㋒ のどれを選択するかお考えください

注意:最近の判例から次の点にも注意すること
・現時点では必ずしも有効性と安全性が認められていないが、患者にとってメリットになると考えられる治療法があれば、それを提示するまたはその治療を行っている医療機関を紹介するという選択肢を示すべきである

・医療機関側が「有効性と安全性の観点からは選択肢には入らない」と考える治療法を、家族が望んできた場合は次のようにすればよい。
①当方は「その方法は有効性と安全性の点で問題があると考える
②その治療を行ってくれる他の医療機関があれば、紹介状をお書きします。

この選択権の保障は結構難しいですね。
患者側からすると
「わからないのに、決めるなんて(選択するなんて)」
「決めることができないので、先生(主治医)にお任せします」
という答えがまだまだ一般的ですよね。

ここでは、だからと言って説明を省くのではなく、説明の重要性を記載しています。
「聞こえないから」 「理解できないから」ではなく、しっかり説明を行いましょう


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。