フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 法的RM患者の権利

くたびれ ナースマン です

法的RMシリーズ 今回は「患者の権利」

とても大切な部分ですよね。各現場で行われているインフォームドコンセントは

この権利を守るため、履行してもらうためと言ってもいいかもしれません

患者権利

簡単に図式してみました。

・患者には「知る権利および説明を受ける権利」があります
・患者に何らかの侵襲、苦痛を与える可能性がある場合、患者の同意を得てから実施する必要があります
 これを患者の「同意権」といいます。
・患者には検査法・治療法を選択するという「選択権」があります

患者側視点でのまとめです。
もっている権利は自分自身の治療の為には有効に履行して頂いたら良い思っています

しかし過剰な権利意識は、患者をモンスターに・・・。
最近特に、この権利意識が過剰で揉めることも多々。

治療に対し、知ること・その治療受けること・選択することは大切なことです。
しかし、「治る」ということを権利のように、訴える人がいます。
申し訳ありません。病院は「治す」ではなく「治療を提供する」という契約になります

このあたりも、シリーズの中で説明していきます

ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。