フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 応召義務

くたびれ ナースマン です

予告をしていました「応召義務」に関して

時々問題になるんですよね。医師法で言われていることなんですが、病院の責任として
応召義務が発生しているのと、これを逆手にとる人たちが存在するという複雑な問題

とりあえず応召義務とは

医師法第19条第1項
「診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。」

「正当事由」とは、一応定義されていますね


1.医師の不在または、病気等により事実上診療が不可能な場合
(昭30.8.12 厚生省医務課長回答)

2.天候不良で、事実上往診の不可能な場合
(昭24.9.10 厚生省医務局長通知)

3.診療時間外で、休日夜間診療体制をとる地域で当番医を示して断る場合
(昭49.4.16 厚生省医務局長通知)

4.手術中など患者を収容しても適切な処置が困難な場合
(昭39.10.14 厚生省総務課長通知)

5.疾病又は負傷が自己の専門外である場合

*保険医療機関及び保険医療担当規則第16条[転医及び対診]

保険医は、患者の疾病又は負傷が自己の専門外にわたるものであるとき、又はその診療について疑義があるときは、他の保険医療機関へ転医させ、又は他の保険医の対診を求める等診療について適切な措置を講じなければならない。

又、以下のような場合は、正当事由は認められていない。

1.軽度の疲労,酩酊
2.診療費の不払い
3.休診日、診療時間外(但し上記3.参照)
4.診療の必要な場合の往診の求め

医師法19条でこのように定められていますが、罰則はないようです。
しかし、正当な理由ではないと判断される、裁判では負けます。民法での罰則が発生。

正当事由の5→専門外
一度視た患者なら、ここから「転医義務」「対診義務」と違うものが発生。義務違反になる可能性が・・・

認められない事由を見ると、基本断ることはできない設定にしていますよね。

病院側の問題で出るのが、「救急たらい回し」ですよね。
特に死亡事例が出ているので、この「応召義務」との関係性は複雑ですよね

患者・家族側の問題として
モンスター(精神疾患含)ですよね。
場合によっては、診療妨害という結果になる可能性が。
各病院が設定してるブラック患者もそうですよね。
病院とはしては、対応したく患者ですよね。できれば避けたい!

基本的にはこの「応召義務」という見えない鎖で病院は
「来院される患者すべて対応しなくてはいけない」というイメージがついてしまっているんですよね

聖人君子。病院のイメージってきれい過ぎます。
この時代、一般企業と一緒。この世界では「ブラック病院」という呼び方も出てきています

対応できる範囲は頑張ります。
しかし現実は人員・設備・時間等で対応できない・できなくなるというのも現実です。

ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。