フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

5都道県で「逆転現象」=生活保護下回る―最低賃金
 最低賃金で働く人の手取り収入が生活保護の受給額を下回る「逆転現象」が、5都道県で起こっていることが15日、厚生労働省の調べで分かった。2013年度の最低賃金引き上げで、逆転地域は11都道府県から北海道のみに減ったが、最新のデータで集計すると東京、宮城、兵庫、広島でも生活保護の水準を下回った。
 社会保険料の負担が増加し、労働者の手取り収入が減ったことなどが要因。最低賃金が生活保護の受給額より少なければ、働き手の勤労意欲をそぎかねない。このため最低賃金法は、最低賃金が生活保護を下回らないよう配慮することを定めている。14年度の議論では、全体の底上げとともに逆転現象の解消が焦点になる。
 調査結果は、厚労省が15日開いた中央最低賃金審議会(厚労相の諮問機関)の小委員会で提示した。生活保護との乖離(かいり)は時給換算で1~11円。最も大きいのは北海道の11円で、広島の4円が続いた。東京、宮城、兵庫は1円だった。 

つまり、働かなくても最低賃金より多く支給してもらえる生活保護ということ。
職がなく、仕方がなく(表現が正しいかは?)最低賃金で一生懸命働いても、働かない生活保護の方より・・・

この生活保護。病院では「生保」や医保」という呼び方が一般的だと思います。
実際に来院される患者を見ていて、正直「なんで生保?」と思うような人が多数おられます

障害・病気で働けないのではなく、働く気がない。
この年齢で? 20代30代の生保の方、結構いますよ。
このような人たちが財源を圧迫しているのでは・・・。

また、この時期熱くなってきたので、わざと入院する生保の方も増えてきます。

この入院もかなり計画的な方々が、
入院が長期になると受給額が下がります。
衣食住が揃っている環境で自分のお金を使わずに済む。というのが理由なんですが、この受給額が下がる前に退院。
見ていたらあきらか計画的です。

病院は応召義務という縛りで、患者を拒否することはできません。

そう言ったところを逆手に取ってる人がいて、逆転現象が起きているなんて
何かもやもや感がだけが残っているナースマンでした。

次回は応召義務に関して


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。