フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

脱法ドラッグ・脱法ハーブはダメですよと言っても、何がダメなの?という人のために

大麻や覚醒剤などの違法薬物と類似した成分を吹き付けた香草。法規制の対象から外れているが、催眠・興奮・幻覚・幻聴作用などがあり、痙攣(けいれん)・意識障害・呼吸困難などの重篤な健康被害を引き起こす恐れもある。
日本国内では2009年頃から欧米経由で流通し始め、12年3月末時点では少なくとも29都道府県389業者が確認されている(厚生労働省発表)。体内摂取を目的とする未承認薬物の売買は薬事法違反になるため、販売店はお香・アロマ・鑑賞用の「合法ハーブ」「合法アロマ」などと称して販売している。しかし、厚生労働省は「合法」という呼称を使わず、「違法ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)」の一つとして、販売業者の監視・指導を強めている。実態としても、吸引目的の売買が前提で、販売店の中にはパイプなどの喫煙具と一緒に販売しているところも少なくない。
脱法ハーブは麻薬や覚醒剤につながる入門薬物(ゲートウェイ)とも呼ばれるが、身体への影響が未確認な成分を含むものも多く、治療方法も確立されていないため、「禁止薬物」以上に危険だという声もある。実際、吸引者の救急搬送や吸引が主因とみられる死亡例も増えている。12年5月には大阪市で、脱法ハーブを吸った男が乗用車で商店街を暴走。ひき逃げ・当て逃げ事故を起こし、危険運転致死罪の容疑で逮捕された。
厚生労働省は07年から、人体への有害性を確認した上で、薬事法の取り締まり対象とする「指定薬物」制度をスタートさせている。12年7月末時点で73種の化学物質を指定しているが、主成分(合成カンナビノイド)の化学式を一部だけ変えた「新製品」が後を絶たず、規制とのいたちごっこが続いている。これに加えて最近は、覚醒剤に酷似したα-PVPを含む薬物が販売されているという報告もある。
厚生労働省は、類似成分を含む物質を一括して規制する「包括指定」制度の導入を検討しているが、09年に同制度を導入したイギリスでは、6グループの物質を包括指定し、数百種を規制したものの、すぐに別の構造をもつ新たな薬物が現れたという。「包括規制」は一定の効果はあるものの、対象を広げすぎると新薬開発などの妨げになり、逆に狭めすぎると抜け道が多くなるというジレンマもある

違法薬物を植物に吹きつけて吸引。違法やん
持っているものが、「白い粉」ではなく「植物」だからセーフ?そんな簡単?と思いますよね

また違法薬物。化学式が少し違うだけで法の目をかいくぐるという抜け道
脱法ドラッグ
ほぼ一緒ですよ。ほぼ麻薬(大麻)と言っていいものを、吹きつけているだけ
そりゃ、幻覚・錯乱作用でますよ。

脱法ではないです。りっぱな違法です
厚生労働省は規制対象を厳しくし、取締に力を入れると言っています。
症状はありますが、病気ではないですよね。自傷行為と一緒と思います。
これらに手を出さない・頼らない。です

ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。