フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

生活保護受給者の名前悪用、医師が架空診療疑い
 生活保護受給者の治療をしたと偽り、診療報酬13万円をだまし取ったとして、大阪府警は9日、大阪市西成区で診療所を経営していた医師の小松明寿容疑者(60)(兵庫県篠山市)を詐欺容疑で逮捕した。

 調べに対し、容疑を認めているという。捜査関係者への取材でわかった。小松容疑者は経営していた診療所で受診歴がある受給者218人の名前を使い、数年前から架空の診療報酬請求を繰り返すなどしていたとみられ、府警は、小松容疑者が約3400万円を不正に受け取ったとみて調べる。

 受給者の医療費は全額公費で賄われ、自己負担がない受給者は、身に覚えがない医療費の通知が来ても気にとめないケースが多い。府警は、小松容疑者がこうした実態に目を付け、受給者の個人情報を悪用したとみている。

数年に一度、表に出てくるニュースですよね
不正請求で有名なのは、2009年の奈良県山本病院事件ですよね

山本病院に関しては、不正請求もそうなんですが、不必要な検査・手術をしたという点で大きな問題になりました。

病院側としたら、生活保護の方はありがたい面も・・・

未収がないんですよね。税金なんですが、生活保護の方の医療費は全額公費
病院としては未収が発生しないので、安心して治療ができる。
記載方法に問題があるかもしれませんが、各病院この未収対策には頭を痛めています。

健全に医療を行い、それを請求する分に関しては何ら問題はないのですが
やっていないのにやったと偽装したり、不必要な行為を行うというのは問題です。

少し書類に手を加えるだけで3400万。不労収入に味をしめて抜けれなくなったのでしょうね。

その代償は大きく、保険医取り消しでしょうね。

真面目が一番です。 ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。