フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

悪いニュースばかりではなく、朗報を

妊婦に抗がん剤、子どもに影響なし 乳がん患者を調査
胎児への悪影響を心配して日本では実施することが少ない妊娠中の乳がん患者への抗がん剤治療で、妊娠5カ月以降なら治療をしても赤ちゃんの健康には影響がなかったとする報告を聖路加国際病院(東京)がまとめた。14年間で34人が誕生し、これまで障害や異常などは確認されていないという。11日に大阪市で開かれる日本乳癌(にゅうがん)学会学術総会で発表される。

 20~40代で乳がんになる女性は年間約2万人と、乳がん全体の27%を占める。妊娠中にがんが見つかる人も増えており、治療優先で中絶が選択されたり、妊娠中は治療せずにがんが進んだりすることも少なくないとみられる。

 海外では一部の抗がん剤なら胎児に影響がないという報告も多く、積極的に治療をしている。日本乳癌学会の指針も、胎児が薬の影響を受けやすい妊娠4カ月以前は行うべきではないとしているが、5カ月以降は「必要と判断される場合には検討してもよい」とある。

妊婦でも抗がん剤治療ができると、主に乳癌かなと思いますね。

妊婦及び授乳中は、薬全般ダメという意識がありました
ナースマン古いですかね・・・

朗報です。症例数が少ないのが気になりますがいいことです。

化学療法。昔みたいに癌に対し、予後を少し伸ばす姑息治療という概念はすでにないですよね

適応範囲を拡大して様々な場面に使用できるようになりました。
ただ気軽というわけにはいかないのが、デメリット

今回の妊婦適応ですが、癌治療を行っているところと産科併設の病院が全国にどれほどあるのか?
この点が問題と言われていました。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。