フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

男性看護師 将来は明るいですよ と投稿させていただきました。仕事の内容・やりがいに関しては自信を持って明るい未来がと叫びます。
しかし男性。将来一家の大黒柱になると想定した時にも明るいのか、収入という角度で見てみたいと思います。

看護師年収2
すみません、見にくいですが50歳代看護師で年収が660万。
概算で、地域別にした表を
看護師年収
10年経験。年齢的には30歳前半ですね。400~500万ぐらいが相場。地域格差は避けれない部分ですが。

看護職は高給というイメージがいついてますが、統計資料をみていると言われているほど高給取りではないです。

それではなぜ「高給取り」というイメージが?

年収1
免許をとった(看護学校を卒業)と同時に免許手当と仕事の性質上夜勤回数で初年度より一般職と比べて多くあります

年収2
一般職と比べ、100万ぐらいの差が出る。これが高給取りというイメージのひとつ

また、女性の他職種の平均年収が300万ちょっとのところ。しかし看護師は平均470万。これもイメージのひとつになっている。職の安定性・給与の高水準というのは現実的にメリットだと思います。

しかし男性の場合。一家の大黒柱。年収は多ければ多いほど。若い時は一般職の人たちより多くもらっているはずなのでその時期はいいですが、看護師年齢を重ねても昇給が少ないです。

男性看護師のみなさん、年収を上げ安定させるために専門領域に特化するか管理職を目指すかを考えて下さい。看護師は一生高給取りではないです。
仕事内容等を鑑み、給与に合っていない。安月給だと言われる方もいますが、年齢を重ねていくと一般的な平均に近づいていきます
つまり、他職種は年齢を重ねていくと給与が上がっていくのに、看護師は据え置き(少し言い過ぎですが)。
昇給があまり期待できない職業です。

職の安定というのは大きいですが、コストでも夢を持てるような職業になりたいですね。

とりとめのない話ですみません。看護師はけして高給取りではないという話でした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。