フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

本日診療所の先生方々からの紹介が多く、一日中走っていました。
その中の1症例

週末より発熱しており、レントゲン上軽度だが肺炎像を認める。また右気管支炎も併発しており入院加療という内容
お年は90歳over。でも独居で日頃は診療所に通っているとのこと。また年齢相応の認知もある。

電話をいただいたときは、これだけの情報で「凄いな」というのがみんなの意見。
90歳overで独居。通院可能なADLと認知レベル。熱も続いているしこの時期脱水も怖いよねということで引き受けました。
患者が来られて、紹介状を確認したところ
「BPSD」の文字が→→ 「だまされた~(怒)」

本人は来院時熱が高く、ぐったりしていたので認知レベルははっきり判定できませんでしたが、紹介状にBPSDと記載するぐらいなら、電話で伝えてほしかった。
紹介先・救急隊とのやり取りでよくあるパターン。情報の未伝達・誤情報 受け側は何もいえませんが・・・

まあ患者は来院してしまっているので、対応するしか・・・・。BPSD勉強しようといういうことで

認知症の症状の種類(中核症状、周辺症状、BPSD)

POINT
・認知症の症状は中核症状とBPSDの2種類に分類される
・BPSDを改善することが、認知症介護のポイント

認知症の症状は、一般的には、認知症の人に共通してみられる中核症状と、さまざまな要因によって現れると考えられているBPSD(認知症の行動・心理状態)に分類されます。

中核症状
 認知症の人に共通してみられるといわれる、中核症状の主なものは次の3種類です
 ①記憶障害(物忘れ)
 ②見当識障害(現在の年月や時刻、自分がどこにいるのかなど基本的な状況把握の障害)
 ③判断力の低下

 中核症状の具体的な例は次のようなことがあります
 ・人の名前や物の名前が思い出せない
 ・何度も同じことを言ったり、聞いたりする
 ・物を置き忘れたり、しまい忘れたりする
 ・食事したことを忘れ、何度も食事を要求する
 ・薬を飲み忘れたり、飲んだ事を忘れたりする
 ・火の始末ができなくなったり、水道の蛇口を閉め忘れたりする
 ・日付や時間、自分がいる場所がわからなくなる
 ・買い物をするために家を出て、何をしようとしたのか忘れてしまう

外出して、帰り道が分からなくなって帰れなくなったり、火の不始末で火事の危険を伴ったりすると大変ですが、多くの場合、中核症状だけであれば、適切な介護によって、大きな支障をきたすことなく日常生活を送ることは可能です。
また、物忘れや判断力の低下などは、認知症でなくても年をとることによってある程度現れることもあります。例えば、昨日の朝食のメニューを忘れてしまうことは、単なる物忘れであり、日常生活に支障をきたすことはありませんが、食事を摂ったこと自体を忘れてしまい、何度も食べてしまうといことは中核症状であると考えられます。

BPSD(認知症の行動・心理状態)
BPSDとは、Behavioral and Psychological Symptoms of Dementiaの略で、一般的には「認知症の行動・心理状態」と訳されています。
以前は、問題行動とか異常行動といわれていました。その後、中核症状と対比する呼び方として周辺症状といわれたり、認知症が原因で現れる行動上の障害という意味で、行動障害といわれたりしてきました。
現在は、BPSDという呼び方が国際的に使われるようになり、日本でもこの呼び方が徐々に普及してきています。
BPSDの主なものは次のような症状です。
・粗暴な行為(暴言や暴力)・介護拒否
・被害妄想・物盗られ妄想
・昼夜逆転・夜間せん妄
・徘徊・帰宅願望
・失禁・おもらし
・異食・物集め(蒐集癖)・人集め
・不潔行為・弄便
・性的な言動
・抑うつ状態
このような症状が現れると、日常生活に大きな支障をきたすことが多く、介護者にとっても、とても大きな負担になります。
そのため、認知症の介護では、できるだけBPSDが現れないよう介護することが重要になります。
BPSDが現れるかどうかや、現れた場合の程度は、以下の5つの要因が影響していると考えられるため、介護の場面では②以下の4つの要因に合わせた対応をすることが認知症介護の基本です。
① アルツハイマーや脳血管障害等による脳組織の変化
② 体調不調(脱水・低栄養・便秘・慢性疾患の悪化、急性の病気やケガ等)
③ 環境や人間関係の変化(デイサービスや施設入居の初期・ヘルパーの交代等)
④ 活動性が低いこと(寝たきりや閉じこもり)
⑤ 本人にとって不快な状況(周囲の人の関わり方が適切ではない等)

わかっているのですが、対応に苦慮しますよね。認知症は当たり前という時代。そこにBPSDが加わると・・・
そのBPSDが2人になると詰所は動物園状態です。

開業医の先生・救急隊の隊長・紹介先の病院。情報は正しく包み隠さず提供して下さい。

ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。