フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

さて 看護補助者として働きながら看護師を目指している方々、日々忙しいと思います
前回の病院内の立場から、少しカテゴリーを絞り「看護部内での立場」ということで、
この点に関しては申し訳ありませんが、一番下の立場になります。

看護部

法律的な立ち位置という意味もありますが、すべての病院がこのような図式になっています。
(経験年数が長いとかお局様とかは除外してくださいね)

立場上、雑務がすべて看護補助者に振られます。

嫌な仕事・汚い仕事・めんどくさい仕事振られます。病院によっては駒のように使われます。凄く弱い立場です。

社会経験がない2~3年目の看護師が10年選手の看護補助者の方を、あごで使っているのを見たことがあります。

看護補助者の方が居なかったら、自分たちの仕事に悪影響が出るということを認識していない未熟看護師が存在します。ナースマンは悲しい

裏方仕事が多い看護補助者ですが、患者とはすごく仲良しになれます。

患者はよく、医師に言えない事を看護師に言うまたはぶつけると言われています。それと一緒で、医師・看護師に言えない事を看護補助者に話してくれることが多々あります。いいこともありますし、「あの看護師は・・・」みたいな話も多いです。

ここでしっかりお話を聞きましょう。そして将来看護師免許を取った時、あんな風に言われる看護師には絶対ならないと誓いましょう。患者・家族はすごく見ています。そういった話を勉強になります。

立場的には弱いと言いました。事実です。しかし看護師としての土台を作る期間、看護補助者としてて医療界に携わるのは、自分自身の看護師像を作る良い期間です。
すこし意識を持って仕事をするだけで、意味のあるものが生まれると信じているナースマンでした


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。