フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

患者のチューブ引き抜き医師「自殺試みたが死ねず」
 東京都町田市のクリニックで、人工透析中の男性患者の医療用チューブを引き抜いたとして殺人未遂容疑で逮捕された内科医・橋爪健次郎容疑者(49)が「事件前に自殺を試みたが、死ねなかった」と供述していることが13日、警視庁町田署への取材で分かった。突発的な犯行だったとみて、精神状態などを慎重に調べている。

 同署によると、橋爪容疑者は11日午後7時頃、所長を務める「医療法人社団三友会あけぼの第二クリニック」で、仕事を終えて近くのコンビニに立ち寄り、たばこを吸った。その際に「誰かを殺そう」と思いつき、クリニック3階の診察室に戻った。「患者が病室の出入り口付近にいたため、狙った。誰でも良かった」とも話しているという。数年前から仕事上の悩みを、家族に相談。睡眠薬を服用していたという。同署はこの日、橋爪容疑者を送検した

透析チューブ引き抜き事故の続報

以前の投稿でも暴挙では!?と思い記載したが、続報が出てくるたびにやはり「暴挙」ではないかと感じる

ただこれから精神鑑定というのがkeywordとしニュースで流れると思います

精神疾患を持たれて方の対応をしたことがありますが、突発的な行動を取られることがあり怖い思いをしたことがあります。突発行動が家に帰るなどの許容できるものだったらいいですが、突然暴力的にということもありました。

今回の事件も何か強迫観念が働き、行動として表れてしまったのか?

いずれにしても、許される行為ではありません。特に透析患者は治療経過がなく、信頼関係を基に行われていると言ってもいいと思うので、医療不信を招く行為は避けるべきと思います。もう戻れないですが。

ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。