フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 造影剤投与直後に呼吸困難、市民病院で女児死亡

くたびれ ナースマン です

こんな悲しい事故が

造影剤投与直後に呼吸困難、市民病院で女児死亡
 愛知県常滑市の常滑市民病院で今月3日、入院していた同県内の女児(6)が、造影剤を投与された直後に容体が急変して死亡していたことが分かった。

 急性アレルギー反応の「アナフィラキシーショック」を起こしたとみられ、病院は県警常滑署に連絡。同署は業務上過失致死の疑いもあるとみて、投与に問題がなかったかを調べており、今後、担当した医師らから事情を聞く。

 関係者によると、女児は高熱が続き、5月下旬から入院していた。3日になって、エックス線検査をするため腕から造影剤を投与したところ、数分後に気分の悪さを訴え、呼吸困難に陥った。医師らが治療にあたったものの、間もなく死亡した。造影剤の投与には家族の同意があったという。

カテゴリを「医療事故」にしましたが、この事象を「医療事故」と分類するのかどうかという点でも議論が出そうです

造影剤に限らず薬全般に言えること、アレルギーと言われる副作用は存在する

その中でも造影剤や抗生物質のアナフィラキシーショックは重大

食品でもありますよね。卵・小麦・そば・カニなどの甲殻類・ピーナツの話は有名ですよね

急激に進行していますのが特徴。気道浮腫が出た時は挿管も困難を来たし、急激に重篤な状態に陥る

ナースマンも数回遭遇経験があります。すべての方が元気に退院しましたが。

今回の造影剤。CT・MRIで一般的に使用されています。抗生物質の点滴の場合はゆっくり点滴しアレルギー反応を観察しながら投与するので、それほど重篤になることはないです。しかし造影剤は急速投与と言って、成人なら約100mlを1分以内に投与してしまいます。つまりアレルギー物質が体内に大量に存在してしまうことになります。一度血管内に投与されると除去(取り除くこと)は不可能です。透析と言われるかもしれませんが、正直間に合わないと思います。そう考えると結構ハイリスクな検査になります。
またアレルギー物質の特定は使ってみなくては分らないという部分もあります。

アレルギーを起こしたというところは体質の問題もあり100%防ぐというのは不可能に近いことです。今回の事案はアナフィラキシーショックが発症したあとの対応が適切だったかが論点になると思います。

ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。