フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

本日はこんな記事から

「お薬手帳断ろう、20円安く」ツイッターで拡散 薬局などは有用性PR
 「お薬手帳を断れば、薬局の支払いが20円安くなる」。医療の値段である診療報酬が4月に改定されたことを受け、インターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でそんな情報が広がっている。薬剤師などの医療従事者からは「自分の健康を守る手帳なのに、安くするために断るという考え方はなじまない」と戸惑いの声が上がるが、現場では手帳を断る患者が増えている。薬局側は「有用性を分かってもらうことが大切」として説明を強化し、理解を広げたい考えだ。

 お薬手帳は、医療機関で処方された薬の名前や処方量などをシールで貼るなどして記録、管理する手帳。他の医療機関で出された薬との飲み合わせや過去の処方薬の確認ができることから、全国の薬局で取り入れられている。東日本大震災ではカルテを流された医療機関もあったが、患者が持参したお薬手帳が診療の大きな助けとなった。

 従来、手帳への記載などで薬局が得られる「薬剤服用歴管理指導料」は410円だったが、4月の診療報酬改定で手帳が不要な人への指導料は340円に減額された。3割負担だと自己負担額は20円安くなる計算だ。

 ネット上では「手帳を断れば20円安くなる」「20円を得るため、薬局は勧めてくるので断ろう」といった情報が拡散。逆に「20円のために健康を危険にさらすのか」などの反論も続出している。

ナースマンは何とも言えません。

ツイッターをされる、若者たちからすれば有効性がわからないまま、コストがかかっている。そこで安く済む方法があるという感覚で流行っているのでしょうね。

たしかにナースマンも「お薬手帳」を持っていますが、日常で何か役に立っているのか?、使用するのは調剤薬局に行ったときだけという代物になっているので有効性を実感していないと言えばしていないです。

ただ医療現場で働いている人間なので、救急等で助けられています。

意識がない患者は搬入。お薬手帳から疾患・内服状況が把握出来たり、身元不明場合お薬手帳に記載の調剤薬局から身元が判明したりと、レアな事例かも知れませんが助けられた経験も。

病院ショッピングをされている方は、飲み合わせを知る上で重要。

突然意識を無くされた時、貴重な情報として重要

使用に際して有効性を感じる場面がレアなケースばかりなので、こんなことが表出してきているのではと思いますね

一種の保険みたいな要素もありますが、処方した薬を全部覚えている方ってそうそういませんので、作っておくことを

勧めます。 ナースマンの私見です。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。