フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれ ナースマン です

また病院が悪者になるニュースが出ていました。

骨折なのに「専門外」女性の救急搬送38回拒否

埼玉県川口市内で転倒して脚を骨折した女性(57)が昨年2月、複数の病院から計38回にわたって救急搬送の受け入れを拒否されたことが同県への取材で分かった。
 女性は悪性リンパ腫の既往歴があり、「専門外」などの理由で拒否されたという。
 県消防防災課によると、女性は昨年2月の夜、川口市の自宅風呂場で転倒し、救急出動を要請した。女性がかかり付けにしていた病院は満床だったため救急隊員が搬送先を探したが、「専門外」などの理由で38回拒否され、2時間22分後に受け入れ先が決まった。
 昨年1月には、春日部市の路上で住所不定の男性(81)が倒れているのを警察官が見つけ、春日部署で保護した。男性の顔色が悪くなったことから救急出動を要請したが36回にわたって断られ、搬送までに5時間8分かかった。身元引受人がいなかったことが影響したとみられる。
 同課によると、昨年の県内の救急車の出動は31万4000件、搬送人員は27万6000人でいずれも過去最多。2分に1回救急車が出動し、県民26人に1人が搬送された計算だという。
 重症者のうち約9%は4回以上受け入れを断られた。理由は「手術・患者対応中」「処置困難」「ベッド満床」などが多かった。
 搬送した人のうち約半数は入院を必要としない軽症で、「交通手段がない」「どこの病院に行けばいいかわからない」という理由で救急車を呼んだり「平日は休めない」「日中は用事がある」などの理由で救急外来を夜間や休日に受診したりした人もいるという。
 同課は「本当に必要な救急搬送ができなくなる恐れがある。救急車の正しい利用を考えてもらいたい」としている。

問題点が2つありますね

一つ目 救急車たらいまわし
この問題は解決しないですよね。特に夜間帯の都市圏に多い印象があります。

夜間帯は現実マンパワーが少ない状況、行える検査・処置の制限により

受入ができない。もうひとつ満床。

急性期病院でありながら、長期高齢者患者が増え病床確保に苦慮している
いう問題があると思われます。また都市圏では病院数が多いので、

うちが受けなくても、別の病院がという安易な考えも否定できないです。

特に重症者の受け入れとありますが、行動制限(検査・処置)があるなかで、

なにかアクシデントがあれば、訴訟問題に・・。自己防衛?ですかな

2つ目の問題点は

救急車のタクシー代わり

利用される側の問題ですよね。この問題はなかなかクローズアップされません

救急車から歩いて降りてくる方、病院を探すのが手間だから、

救急車だと待ち時間がない。などモラルに反した使用方法が実際にあります。

ナースマンも何回も遭遇しました。医療従事者のモチベーションを下げます

この2つも問題が複雑に絡み合って、たらい回しがなくならないのではと

考えております。

今までは二次救急の特徴だったのが、今や三次救急まで波及してしまい

救急体制の見直しが各地で行われていますよね。

利用され側、受け入れる側双方で同時に何か対策を練る必要があるのでは。

ナースマンはアメリカみたいに、料金制にすれば抑制にはなるのではと

数千円ではないですよ、数万円だったら効果があると考えています。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。