フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「医療ミス」は死亡原因Top3?

くたびれナースマンです。

ゴールデンウィークはいかがでしたか?。間に平日が入ってしまい大型連休とは・・・。
また、ナースマンの家は、子供たちが仕事・バイト・クラブとバラバラ。遠出せず家でゴロゴロ(泣)

そんな勿体ないゴールデンウィークで見つけたニュース。

米国の死亡原因3位は「医療ミス」?
米国人の死因、第3位は「医療ミス」か 推計25万人が死亡

医師が切除部位を間違えたり患者を取り違えたりといった医療ミスがこのほど、米国で心疾患とがんに続く3大死因に浮上する可能性があるという研究結果が、英医学誌BMJの最新号に発表された。ほとんどの医療ミスは発見されないまま見過ごされているとも推測している。

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームが死亡率に関する調査結果などを分析したところ、医療ミスで死亡する患者数は肺気腫や気管支炎といった呼吸器系疾患で死亡する患者数を上回り、心疾患とがんに続いて米国で3番目に多い可能性があることが分かった。

米国では年間少なくとも25万1454人が医療ミスで死亡していると研究チームは推計。この数字には自宅や老人ホームで死亡した症例は含まれないことから、実際の死者数はこれを大幅に上回ると推測している。

医療ミスによる死者数は、米医学研究所の1999年の調査では4万4000~9万8000人だった。米保健福祉省の2008年の統計では、高齢者向け医療保険メディケアの患者だけで18万人としていた。

末恐ろしい統計が出ています。この件に関しては日本でも、交通事故より医療ミスの方が多いですよと研修等で言っています。

左右を間違い切除した。薬の過剰投与により死亡。呼吸器操作ミスにより死亡などニュースなどで報道されていますが、
本当の医療事故件数は・・・・。闇の中ではと思っています。

ハインリッヒの法則(労働災害の考え方で、医療ではヒヤリハットに関連してよく講義されています)で考えると、報道されている
部分は頂点の「重大事故」、その下には29の軽微事故、300のひやりはっとが・・・。本当に氷山に一角です。

大きな事故に遭遇するのは嫌ですが、自身が気づいていない「ミス」というのが数多くあるのではと考えています。

このような統計をみると、医療者が医療事故の当事者になる確率も高いと言うことです。
ゴールデンウィークで気が緩むタイミングです。少し医療安全に意識を持って仕事に入りましょう。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。