フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 冬場の献血量減少。問題発生です。

くたびれナースマンです。

週末より大寒波襲来で、日本列島大荒れですね。
急な冷え込みで、インフルエンザが流行るかなと戦々恐々としていましたが、
思っているより、今年インフルエンザは大人しいです。

今日はこの冬の時期と大寒波が合わさってしまい、
大変なことになっているこんなニュース

青森県内、血液ピンチ! 献血緊急呼び掛け 悪天候で調達厳しく

 寒い

青森県赤十字血液センター(青森市)は、県内の血液製剤が不足しているとして、緊急で献血を呼び掛けている。県内の病院で緊急手術が増え、輸血の需要が伸びている一方、献血協力者の減少や、大雪などの影響で血液の調達が厳しくなっているのが理由。

 同センターによると、昨年11月ごろから県内で心疾患などの緊急手術が増加。献血バスを増やすなどして対応しているが、天候などの影響で、献血の協力者の確保が難しくなっており、22日時点で適正在庫に対する在庫率は76%にまで落ち込んでいる。

 一方、東北地方以外のブロックから調達する広域需給体制もあるが、大雪が続いており、安定的に届けられない恐れが出ているという。

 25~31日で、県内の必要献血者数(400ミリリットル献血換算)は計767人。同センターの担当者は「県内で必要とする血液は県民の献血で確保したい。ぜひ、献血ルームや巡回献血バスに足を運んでほしい」と話している。

大変な事態です。
特に冬場は献血量が減る時期です。
ナースマンがランニングをしている大阪城近くの赤十字血液センターでは、献血量が足りていないこと、特にA型・O型が不足していると、寒い中、外に出て勧誘されています。

特にこの寒波。外に出る人も少なくなり、あえて献血の為に外出というのも皆無ではないかと。
また、豪雪が邪魔をして供給体制に支障。自然の脅威。人間の力ではどうすることも・・・。

他県からの協力が難しい状況があるなら、県内でと言われている意味も凄くわかります。
青森のみなさん。献血にご協力を!
また全国どこで、足りない状況が生まれるかわかりません。
そのような状況を発生させないためにも、献血にご協力をお願いします。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!



関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 介護サービス見直し。弱い者いじめでは?

くたびれナースマンです。
国の財政が緊迫しているのは、わかっているのですが、
これはどうなんだろうと思うようなニュース

介護保険、調理など軽度者向けサービス見直しへ

 厚生労働省は、介護保険制度で「要介護1、2」と認定された軽度者向けサービスを大幅に見直す方針を固めた。

 具体的には、調理、買い物といった生活援助サービスを保険の給付対象から外すことを検討する。膨らみ続ける社会保障費を抑えるのが狙いで、抑制額は年約1100億円、約30万人の利用者に影響が出る可能性もある。

 2月にも始まる社会保障審議会で議論を開始。年内に改革案をまとめて、2017年度にも実施に移す。

 日常生活の手助けが必要な軽度者が介護保険を利用して受けられるサービスは、ホームヘルパーが自宅に来て、トイレの介助や調理などを行う「訪問介護」や、施設に通って運動などをして過ごす「通所介護」などがある。

なぜ、このニュースに引っかかったというと、多くの病院でこの「要介護1・2」患者の退院支援に難しさを感じているのではと。
ナースマンの病院でも軽度と言われる高齢者の支援で四苦八苦しています。
要介護3・4・5、中度~重度の場合、組み込めるサービスの量もあり、今の施設は重度の介護を入所すると
高い点数(お金)がもらえる仕組み。そう意味では退院調整の方向性が見出しやすいです。

しかし、軽度と言われる方は、施設入所では軽度という状態がハードルになり、それなら在宅支援を考えた時、
サービスの投入量が限られているので、十分な介護支援がマネジメントできないのが実情。

現状でも、難しさがある軽度介護者。さらなるサービス抑制で、ますます在宅への道が閉ざされてしまうのでは・・・。

国は病院ではなく、住み慣れた地域=在宅へのシフトを強力に推し進めています。
しかし、今回の見直しは相反するものになるのではないかと懸念をしています。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




ワンダーコア






[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • がん部位別10年生存率。貴重なデータありがとうございます。

くたびれナースマンです。

全国規模のすごい調査結果が公開されましたね。
その調査は、がん部位別10年生存率。
全国のがん拠点病院22病院が10年と言う歳月蓄積したデータの公表
興味津津です。

部位別で、少し細かくなるので、主要な部位だけピックアップしてみました。

がん10年生存率
<全がん協公開サイトから一部抜粋>

ニュースでは全がんの10年生存率は58.2%とすべての症例の平均をとって表現されていましたが、すこし乱暴な数字だと。

上表にあるように、乳癌は生存率が高いです。表にはありませんが甲状腺がんは90%を超えています。
それに反して、肝がん、胆道癌、肺がんは低いですよね。それ以上に膵臓がんはさらに4.9%という数字になっています。

まず10年追跡調査を行った、現在も進行しているこの調査の凄さを感じました。
また、この調査が出されている数字の意味をどう考えるかが、情報を頂いた医療機関の役目ではないかと。

生存率が低いからダメではなく、患者の癌ステージから有効な治療の選択。または緩和ケア選択の指標等に役立つ
データではないかと感じております。

それと、早期発見の大切さ。ステージⅠとⅡの生存率の低下をみれば一目瞭然。
データから何を考えるかを、改めて教えていただいた公開データです。
現在進行形で、このデータの活用方法を考えています。
今後、15年・20年と続けていかれる調査と思います。さらなるデータの蓄積・精度を期待したいですね。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




ショップジャパン





[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高齢化社会への対策。急ピッチです。

くたびれナースマンです。

高齢化社会へ加速している日本。根本的な生活する場所がなくなると言われている中、
国が、大規模な政策を打ち出しました。

空き家、介護住宅に 首都圏の施設不足解消狙う 政府方針

 政府は17日、将来の介護施設不足が懸念される首都圏を中心に、空き家を活用した在宅介護・医療のインフラを整備する方針を固めた。空き家を在宅介護対応住宅へ転用し、要介護者を24時間見守れるようICT(情報通信技術)を使った高度医療システムの導入も進める。安倍晋三政権が「1億総活躍社会」の実現で掲げた「介護離職ゼロ」につなげる狙いもある。

 事業は、厚生労働省や国土交通省、経済産業省が連携して行う。平成28年度補正予算に事業費の一部を計上するよう目指す。

 利用者が可能な限り自立した生活を送ることができるよう、介護する家族と長期間同居できるようにすることや、家族が介護に対応できない際の短期間の宿泊施設としての利用など、さまざまなニーズに対応できるよう整備していく。

 また、自治体や民間企業、医療機関などとも連携し、医師や看護師、介護士の間で情報を共有できるようICTを活用した最新の医療システムの試験運用なども行う。

 ICTを活用した在宅介護・医療システムの開発のほか、既存の介護施設や要介護者のいる家庭へのシステム導入などにかかる費用の一部を補助する対策も実施する。

今回の事業により、「空き家の有効活用を促し、空き家の解消にもつながる」(政府関係者)とのメリットも期待する。

 日本創成会議の試算によると、東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県で、37年には13万人程度の介護施設が不足する。政府試算では、42年には約160万人の死亡者のうち47万人ほどが死に場所の定まらない「みとり難民」になると予測されている。

 一方、総務省によると、25年の全国の空き家率は13・5%で、東京都は11・1%に達している。

高齢化に対する対策は必須です。今回の空き家の活用もおもしろい取り組みですね。
土地の確保や新たな施設の建設という点では、メリットが大きいと思います。
しかし、問題も山積み。

家族とともに長期間同居できる
⇒まず、住宅の改修と言う点でメリットはありますね。しかし、同居といっても介護される方が仕事をしていれば日中独居です。
 介護保険を使ってサービスを入れたいいと言われるかも知れませんが、本当に対応できるか。
 介護度が高い人は、施設入所を考えると思います。問題は介護度が低い高齢者が爆発的増えるということ。
 介護度が低いとサービス提供量が少ない。少ないと独居の時間が長くなる。
 介護者自身の生活の問題とサービス量が少ない方への関わり方。
 簡単に生活する場は提供しますが、あとは当事者で対応というわけにはいかないですよね。

短期の宿泊施設
⇒いわゆる、ショートスティと同じ概念でいいと思いますが、各施設でのショートスティとの違いは何になるのか?
 誰が対応してくれるのか?

ICTを活用した医療情報システム
⇒これは、今後を見据えた時、個人ナンバーも開始ですから必須だと思います。
 しかし、空き家利用という時にこのシステムを使用するのは病院?施設?
 介護が必要な家族は使いますが、この空き家利用の運用を担うのは???。

ひとつの区や町会を施設と見たて、自治会や民間企業主導で対応する?。健康保険・介護保険は使わずですかね?
対応する職員、医師・看護師・介護福祉士等の確保や所属はどうなるのですかね?
ひとつの病院や施設だから成りたつ人員確保や設備関係。
空き家利用で、その空き家が点在していれば、移動動線だけでも問題視されそうです。
また、現状の訪問診療・訪問看護との住み分けも・・・。

まだ発表されただけで、内容の煮詰めはこれからと思いますが、画期的なので注目したいと思います。
ひとつ愚痴を
このシステムを構築できても、「介護離職ゼロ」と結びつくとは思えません。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




ショップジャパン






[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!


 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インフルエンザ。そろそろ来そうです。

くたびれナースマンです。

1月中旬より、かなり冷え込んできましたね。
年末年始、インフルエンザの患者がほとんど来院せず、ニュースでは1ヶ月遅れなどと言われています。
来週あたりに来そうですよ。
気象庁が1月17日晩から、来週にかけて今季最大の寒波と発表しております。

1-17寒波
(気象庁ホームページより)

東海から西日本は平年より平均気温がかなり低くなる確率が30%以上。
あまりにも年末年始が暖かく、これも異常気象でしたね。

みなさん御存じのとおり、インフルエンザは気温が寒くなると活発になります。その温度は5度とも言われています。
室内でしたら、温度を上げて、加湿をしっかりすればインフルエンザウイルスは死滅するといわれていますが、
外の気温が低くなる。人間の力ではどうすることもできません。

感冒

いよいよ来ますよ。インフルエンザの時期。
予防接種を受けられている方、受けたのが11月ぐらいと思います。今年は1カ月から1ヶ月半ずれ込んでいます。
予防接種をしていても罹患します。今年は時期もずれていますので油断大敵。

手洗い・うがい。基本的なことですが、予防としては一番有効です。
みなさん。気をつけてください。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




ショップジャパン






[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 高齢者虐待。4の字固め、一番悪質です。

くたびれナースマンです。

介護施設での虐待のニュース。
しかし、今回のは悪質だと感じるものでした。

介護施設で入所者に「4の字固め」…元職員逮捕
4の字固め

 広島県福山市の介護施設で、入所者の高齢男性にプロレス技をかけて虐待したとして、県警福山北署は12日、施設の元職員(37)を暴行容疑で逮捕した。

 容疑を認めているという。

 発表では、容疑者は、同市の介護施設の職員だった昨年4~5月、施設2階の共用室で、入所者で認知症の男性(85)にプロレス技の「4の字固め」をかけた疑い。男性にけがはなかった。

 外部からの指摘で市が同10月に立ち入り調査して発覚。調査に対し、「男性の徘徊(はいかい)をやめさせたかった」などと説明したという。容疑者は11月に自主退職したが、施設の運営会社が同署へ告発していた。

武藤の4の字固めでご紹介。かなり痛いですよ。本気でやれば4の字固めだけでギブアップしますからね。
4の字固めの怖さは少し置いておいて。

過去にも介護施設での虐待ニュースは様々なメディアで大きく取り上げられ、問題視されています。
しかし、実際の現場では重労働に加え、利用者さんたちの高齢化・認知症の問題もあり、介護と言う領域全体の
問題とされていますね。
この点に関しては同感します。重労働と認知症の対応。ちょっとしたタイミングで口調が荒くなったりはあると思います。
しかし、暴力は・・・。病院や介護施設において暴力を振うと言うのは言語道断。
このブログでも、虐待ニュースが出るたびに訴えてきました。

今回の虐待は、それより悪質です。
「4の字固め」ですよ。小学生・中学生のいじめレベルです。徘徊があったので4の字固めをした。どんな理由なんですかね。
万引きした人は手癖が悪いので、腕十字極めてやりました。こんな理由通らないです。

高齢者(弱者)をいじめる。自分勝手なストレス解消の対象にしているとしか思えません。
つまり、介護する気がない人ではないかと。
力で抑えつける。根本的に介護と言うものに対し思考回路がおかしいです。
介護という仕事をされるなら、一から介護とは・高齢者との接し方など基本を勉強してほしいですね。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




ショップジャパン






[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 良いピロリ菌?悪いピロリ菌?。両方をお持ちですね。

くたびれナースマンです。

前回、ピロリ菌見直しましたと投稿しましたが、本日もピロリ菌繋がりで

病原たんぱく、血液で全身へ=ピロリ菌、胃がん患者で発見―京大など
ピロリ菌

 胃の粘膜に感染し、胃潰瘍や胃がんを起こすヘリコバクター・ピロリ菌の病原たんぱく質が、血液により全身に運ばれることが分かった。京都大と東京大、神戸大などの研究チームがピロリ菌に感染した胃がん患者の血液を調べて発見し、9日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。
 ピロリ菌は心臓や血液、神経などの病気の原因にもなっている可能性が指摘されていたが、その仕組みの一部が解明された。胃・十二指腸潰瘍や胃がんなどの場合、薬による除菌治療が行われているが、ピロリ菌との関係が疑われる他の病気についても除菌が有効かもしれないという。
 細胞はさまざまなたんぱく質やリボ核酸(RNA)などを含む小胞(エクソソーム)を分泌し、他の細胞とやりとりしている。京都大の秋吉一成教授らは、胃がん患者の血清から小胞を回収して分析し、ピロリ菌の病原たんぱく質「CagA」を含む小胞を見つけた。
 ピロリ菌感染との関係が認められる消化器以外の病気は、血液の血小板が減って出血しやすくなる難病「特発性血小板減少性紫斑病」があり、厚生労働省が除菌治療に健康保険を適用している。

再び悪い印象が、それも強く感じました。
勉強不足もあり、ピロリ菌と特発性血小板減少性紫斑病は知りませんでした。
それも除菌が保険適応になっていることも、完全に時代に取り残されています。

胃癌の原因菌で、胃粘膜の採取し検査を行うイメージがあったので、消化管の粘膜に存在するものと思っていましたが、血液の中に入り込むとは、それも重症な血液疾患の原因にも・・・。
解明が進むということは素晴らしい事。それによって有効な治療法の確立にもつながるかも。

しかし、遠い過去の人口動態や大陸移動。またはさらなる病気の解明のkeyになっているピロリ菌。

悪い印象なんですが、その存在は様々な方面で重要性が高まっていますね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




ショップジャパン





[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ピロリ菌。悪いことばかりではないですよ。

くたびれナースマンです。
みなさんご存知の「ピロリ菌」
胃潰瘍や胃がんの原因菌で現在積極的に除菌が推奨されていますね。

そんな「ピロリ菌」が、

「アイスマン」にもピロリ菌=5300年前の中年ミイラ―胃潰瘍かは不明



 イタリア・オーストリア国境のアルプス氷河で発見された約5300年前の中年男性ミイラ「アイスマン」は、慢性胃炎や胃潰瘍などの原因となるヘリコバクター・ピロリ菌に感染していたことが分かった。イタリアのボルツァーノ欧州アカデミーなどの国際研究チームが胃からDNAを採取、解析して発見し、8日付の米科学誌サイエンスに発表した。
 実際に胃潰瘍などを患っていたかは胃の粘膜の保存状態が悪く、不明という。
 アイスマンは1991年に発見されて以来、新石器時代から青銅器時代の人類を解明する貴重な手掛かりとして解剖や全遺伝情報(ゲノム)解読が行われてきた。40代半ばで血液型はO型、茶色い目で、左肩を矢で射られた上、顔をおのなどで殴られて殺害されたことが分かっている。
 ピロリ菌は親から子にうつるため、菌の系統を調べると人類集団の移動や分布を探ることができる。アイスマンのピロリ菌はアジア系に近く、現代の欧州人と違っていた。現代の欧州人のピロリ菌はアジア系とアフリカ系が交雑しており、祖先の一部であるアフリカの集団が欧州に移動してきたのは従来の推定より遅い数千年前の可能性があるという。 
 ピロリ菌は世界人口の半数が感染していると言われる。胃潰瘍などを防ぐには除菌が有効で、日本では健康保険が適用されている

内視鏡に関係しだした、20年前はピロリ菌という概念もなく、10年ほど前から迅速法や呼気にて調べることができる
あ~こんな菌もいるんだという感じでした。
昔は下水道の普及が遅れていたのだ、それが原因で感染が。
若年層は少なく、中~高齢者に感染率が高いというぐらいの知識。
まず、5000年以上前からピロリ菌が存在していたということに驚きです。
また、そんなミイラからピロリ菌を抽出できる、現在の技術に再び驚き。
そして、そんなピロリ菌で、はるか昔の人口分布や移動などの解明の手がかりになるなんて
三度驚きです。

ピロリ菌=悪者という印象も、すこし見直しました。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




ショップジャパン





[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 心臓マッサージの肋骨骨折。経験あります。

くたびれナースマンです。

1月1日付けのニュースで興味あるものが出ていました。

心臓マッサージで骨折「まれ」、ためらわないで…蘇生協議会

心マ


 停止した心臓を回復させるために行う心臓マッサージで、胸への強い圧迫が原因で患者の肋骨が折れるケースはまれで、致命傷になる恐れもほとんどないことを、日本蘇生協議会が調査で明らかにした。同協議会は「身近に急に倒れた人がいたら、ためらわず、手遅れになる前に心臓マッサージをしてほしい」と呼びかける。2月に発刊する心肺蘇生の指針改定版に調査結果を盛り込む。
 調査したのは指針作成メンバーで、呉共済病院(広島県)の石川雅巳・救急診療科部長らのチーム。心停止以外の原因で倒れた脳梗塞などの患者で、本来は不必要な心臓マッサージを一般市民から受けた国内外の計762人を分析した。その結果、骨折するケースは極めて限られ、折れた骨が内臓に突き刺さるなどして命に関わる重大事例はなかったという。

胸部圧迫法(以下わかりやすいので心臓マッサージとします)で、肋骨を折ってしまうことはまれではないと思います。
しかし、その骨折が内臓に刺さり致命傷になるというのはまれだと思います。

なにか2つの事柄が混在し、いかにも安全ですよと濁しているのでは感じています。
実際の現場で救急医療にも携わっていました。
2次救急でしたが、CPAで搬送される方も多数。病院に着後速やかに2次救急処置を。

心臓マッサージは病院に着いても続行される処置です。
高齢者で骨がもろくなっている方、体型が小柄、円背で仰臥位が確保できない方、様々な方が居られる中、
心臓マッサージの位置・力の入れ方は変わります。
技術を習った(講習を受けた)だけでは、なかなか難しいです。
その難しい手技、やはり骨折というのはあります。
心臓マッサージの最中に、「バキ」という音と手に伝わる感触、幾度となく経験しました。

しかし、心肺停止している患者さんに対し、骨折は二の次。心拍再開が第一目標なので、
肋骨骨折に関しては、重要視していないと言うのが救急医療の考え方と学びました。

病院前CPR(一次救命)なので、どれぐらいの力で・患者さんの年齢や体型は?実施した時間は?というデータがないので
一概にいえないですが、肋骨骨折は経験上まれではないと思います。
こんなことを書いてしまうと、現場での一次救命を行う人を不安にさせると言われるかもしれませんが、
可能性があり、それでも心拍再開が優先と教育すべきでは思います。
また、外国と日本の法的問題も、このテーマを調べていて浮上してきました。
その問題は、現場で一次救命を実施し、骨折含め悪い結果になった場合罪に問われるのか?という問題
外国ではこんな法律がありました。

善きサマリア人の法

善きサマリア人の法(よきサマリアびとのほう、英:good Samaritan law、良きサマリア人法、よきサマリア人法とも)は、「災難に遭ったり急病になったりした人など(窮地の人)を救うために無償で善意の行動をとった場合、良識的かつ誠実にその人ができることをしたのなら、たとえ失敗してもその結果につき責任を問われない」という趣旨の法である。誤った対応をして訴えられたり処罰を受ける恐れをなくして、その場に居合わせた人(バイスタンダー)による傷病者の救護を促進しよう、との意図がある。
アメリカやカナダなどで施行されており、近年、日本でも立法化すべきか否かという議論がなされている。

一般市民による発生現場での速やかな一次救命処置。その普及に関しては大賛成です。
そこには、上記した法整備、リスク(偶発症)を正しく伝えるのも必要なのでは思いました。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】





[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 七草粥。七草全部言えますか?

くたびれナースマンです。

新年が始まり7日。
子供たちも今日から、3学期です。
昨晩は冬休みの宿題と格闘していました(笑)

1月7日と言えば、「七草粥」
ナースマンも小さいころから、恒例行事のように食べていました。
お正月の暴飲暴食で疲れた胃や腸を労わるというぐらいの認識。
今一度、「七草粥とは」調べてみました。

七草粥


七草粥の由来~人日の節句
七草粥は正月行事として定着していますが、本来は1月7日の「人日(じんじつ)」の日に行われる「人日の節句」の行事で、五節句※のひとつです。

人日とは文字通り "人の日"という意味で、中国の前漢の時代に、元日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人の日としてそれぞれの占いをたて、8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来します。さらに唐の時代には、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになりました。羹はあつもの、汁という意味です。また、官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に七種菜羹を食べ、立身出世を願ったといいます。

この風習が奈良時代に日本へ伝わると、年のはじめに若菜を摘んで食べ生命力をいただく「若草摘み」という風習や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習などと結びつき、「七草粥」に変化していきました。

そして、江戸時代に「人日の節句」(七草の節句)として五節句※のひとつに定められると、人々の間に定着していきました。

また、7日といえば松の内(一般的には1月1日~1月7日)の最後の日にあたります。七草粥が定着した背景には、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願うようになりました。

春の七草
一般的に、七草粥の七草は「春の七草」をさします。

●芹(せり)
……水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
●薺(なずな)
……別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
●御形(ごぎょう)
……別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。
●繁縷(はこべら)
……目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。
●仏の座(ほとけのざ)
……別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
●菘(すずな)
……蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
●蘿蔔(すずしろ)
……大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。

七草も言えなかったナースマン。勉強になりました。
朝には食べれなかったですが、夕食に無病息災を祈願し頂こうと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。