フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 病院での勤務体制の問題。人災です。

くたびれナースマンです。
昨日(H27/11/26)とんでもない医療事故が。
人工呼吸器関連の医療事故は、たまに報道されるのですが、
今回の事故は人災です。


人工呼吸器異常気付かず死亡 京都の病院長ら書類送検
 人工呼吸器の異常に気付かず、入院中の患者を死亡させたとして、京都府警捜査1課と右京署は26日、業務上過失致死の疑いで、院長と、看護師長、看護師(30)の3人を書類送検した。
 書類送検容疑は、8月4日午前3時ごろから約40分間、同病院2階で入院していた伏見区の男性(76)の人工呼吸器の異常を知らせる警報音が鳴っていたことに気付かず、適切な処置が遅れ、低酸素脳症で死亡させた疑い。
 府警の説明では、当時は当直時間帯で、男性の担当だった女性看護師を含む3人の看護師は全員仮眠中だった。3階の別の看護師が異常に気付いたが、男性は死亡していた。呼吸器の管の接続部が外れていたという。同病院では、約10年前から当直の看護師が全員同じ時間帯に仮眠する状態が続いていたという。
 府警によると、3人は容疑を認め、看護師長は「今まで事故が起こらず、(全員同時仮眠を)黙認していた」、看護師は「警報音が鳴れば誰かが気付くと思って寝てしまった」と供述している、という。
 
普通に考え、夜勤者全員で仮眠を取るということが考えらないです。
何のための複数人の夜勤なのか?
10年事故がなかったということなんですが、医療事故も交通事故も明日遭遇するかもしれないし、1時間後かもしれない。リスクの感覚が鈍っているのと、複数夜勤の法定違反と言う人災です。

このリスク感覚の欠如というか、月日の経過による感覚麻痺の進行。心理学的にはという観点で調べていましたが、上手く表現するものが見つかりませんでした。
結局人間のおごり ヒューマンファクターなのかという所でしたが、
一つだけ、リスク認知というもので表現しているかなと思うのがありましたので、ご紹介を

認知心理的欠陥とは、人間の情報処理における心理的なミスによる落とし穴であり、発生シグナルの出ている衝撃を無視したり軽視したりする。
⇒なにか小難しいですが、夜勤者全員で仮眠したら誰が異常に気づく?。夜勤されている方ならごく当たり前に思うことを無視・軽視していたと言うことですかね。

①問題が存在しない、あるいは、対策を講じるほどのものではないと結論づけしてしまう「楽観の幻想」
⇒夜勤者全員の仮眠は事故が起きたことがないので、問題と捉えていない?

②公正のな判断が求められても自分に都合の良いような解釈をしてしまう「自己中心性」
⇒これは完全にヒューマンマンファクターですね。

③少し遠い先の事だと思える災害への対策には、いま、動こうという気にならない「将来の事象の軽視」
⇒どこかで夜勤体制の問題は把握されていたが対策は未来で、だって問題起きないんだもん。ですかね。

④アクションのリスクがイナクションのリスクより大きく感じる「現状維持性向」
⇒問題点を問題と認識していない?。だから体制を変えるとなると、スタッフの説得・勤務時間内の業務調整・少し飛躍して給与問題が浮上する可能性が・・・。
それだけのアクションが必要だが、現状問題がないので現状のままでいいじゃないの。ですかね。

⑤未経験のことより経験したり想像しやすいことに重点をおいてしまう「見かけのインパクト」
⇒新しい勤務体制より、現状の勤務体制で10年間事故がなかったという経験が・・・。

本当にマッチしているかどうか不明ですが、事故報道を見て調べてみたものです。

もしかしたら、2人夜勤とします。
通常の考えなら、Aさんが先に仮眠を1.5時間  Bさんは勤務です。
その後、交代でBさんが1.5時間仮眠。Aさんは勤務。
しかし、2人一緒に仮眠をとる。
この時の思考回路で、1.5時間ではなく、Aさんの1.5時間とBさんの1.5時間を足して3.0時間仮眠するというものなら・・・・。考えられないことですが。

呼吸器事故というのは、医療界に呼吸器管理に関して一石を投じる事案が出るものなんですが、
今回の事故は、当該病院の体質です。徹底した勤務体制の見直しが必要だと思います。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





Xmasプレゼントは決まりましたか?、フォリフォリでプレゼントを。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 医療関係の陰語。発想が・・・。

くたびれナースマンです。
少し前に、院内でムンテラという言葉の使い方でディスカッションが
「ムンテラする」ではなく「ムンテラした」とカルテ記載に関してのディスカッションでしたが、
その中で語源からの意見があったので、改めて調べてみました。

ムンテラ

ムンテラと言う言葉は医療関係での最高の陰語とされている。
この語はMund(口)とTherapie(療法・治療)の、それぞれの語から最初の1音節と2音節を取って合成した語である。意味は、「口述療法」とでもなるのか。
これは「患者やその家族への口頭による治療法や、診断結果の説明」と言うことになる。
「今日○時から、○○医師により○○さんへムンテラされます」病棟でよく聞く申し送り。

口を使って治療する。定義としては、治療・診断の説明を行う。現在主に使われているインフォームドコンセント(IC)と同義語として考えられている反面、患者・家族を言いくるめると言う悪い印象もあり、その使用頻度は激減している。
インフォームドコンセント(IC)は「説明と理解、それと合意」。
ムンテラの語源には「理解と合意」がなく、医師が一方的にしゃべってもムンテラになる。
つまり、ムンテラとは医療者側からの上から目線の言葉。

また陰語で例題に出される代表格「ステル」
「ステル(シュテル)」という語は「亡くなる」を意味している。
これは「死ぬ」を意味するドイツ語sterbenの最初の一音節のみ分離し、日本語として発音しやすいように母音uを加えて作った陰語。
同族語として英語のstarveがある。starveが「飢える、飢え死にする」という意味に特化されているのに対し、sterbenは一般的に「死ぬ」という意味。
病院内や病室で「○○さんが亡くなった」というのを他の患者などに聞かせたくないという目的で使用。
しかし、職員が「ステた。(もしくはステッた)」などと言うと、他患者は「病院が○○さんを捨てた」と・・・。
笑い話のような、笑い話ではないような。ステルはよく話題になります。

造語でも合成でもない、このような陰語。
辞書で調べても載っていないのに、先輩が使っているからと医療関係者は必死に覚えます。
何か、違和感を覚えるナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キッザニア。未来の看護師さんが生まれるかも。

くたびれナースマンです。

11月23日勤労感謝の日。キッザニア甲子園に行ってきました。
子供会の遠足で・・・。勤労感謝の日なのでゆっくりしたいなと思っていましたが・・・。

キッザニア ⇒ 子供たちが様々な仕事(体験)を行い、キッザニア通過を対価として頂く。
貯まった通貨は文房具などと交換。かなり人気のアクティビティーです。

9時開園(2部構成で完全入れ替え制。1部に参加なので朝一番)
受付7:30開始。 駐車場7時オープン
と言うことで、朝5時に自宅出発。 6時前現地着。

ドライブ青

駐車場に入れるのに1時間ほど、そこに非情の看板が。
「近隣住民の迷惑になりますので、入場待ちは禁止」 さらにすでに警備員が立って・・・。

仕方なく、少し離れたコンビニで時間を潰すことに。こんなことならギリ出発でもよかったのではと。

時間が迫り、5分前なら大丈夫でしょと入口に行くとすでに車が20台・・・・。
結構台数止めれるので、スムーズに入庫できましたが、正面受付入口には長蛇の列・・・・。
電車の方々もいるので、結局整理番号50番。 ⇒1番の人は何時に来ているの???

ここから開園9時まで2時間。子供が喜ぶと言いながら結構きつい。またなぜこんなに先を急ぐのか???

いよいよオープン。人数チェック・危険物なので持ち物チェックをパスし、子供たちが猛ダッシュ!!!

お目当ての仕事の受付へ。 なんと人気の仕事はオープン10分で受け付け終了。
凄いです。 オープン10分後の風景
キッザニア開園直後

次から次に仕事の予約時間を取って行くのですが、人が入り乱れており大変な騒ぎです。
ナースマンや親は見るだけですので、邪魔にならないところにポツンと立っていましたが、気になるブースが

沐浴1

新生児室?!。その奥には

沐浴2

産科体験ですね。この日本生命のブースこれ以外に
手術体験 ⇒ またこれがリアルに作られていました。整形外科 ⇒ トランスの体験。
救急救命士体験。これは子供が選択していましたが、
救急車に乗り⇒途中で疾病者を確保。 問診⇒バイタルチェック パルスと血圧は実際に測定。
受傷部位の副木。 なかなか本格的と感心していました。

このような体験から将来の看護師さんが生まれるのかなと、
人ごみにもみくちゃにされながら未来を感じたナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 受動喫煙。周りのことも考えましょう。

くたびれナースマンです。

本日はタバコ関連とハラスメント関連で

タバコに関して病院でも全面禁煙がほとんどになりましたね。
これだけ、喫煙者のがん罹患率を言われると病院は禁煙、また公共施設と同じように見られるようになったので・・・。
20年前は外来や病室でスパスパでしたが。

ハラスメントは、一体いくつ種類があるのか、造語だと思うのですがよくこれだけ出てくるなと。
こんな2つを兼ねたニュースを

「受動喫煙で心臓病再発」スモハラ認めず

 神奈川県横浜市の自動車教習所の男性職員が職場での受動喫煙によって心臓病を再発したなどとして、スモークハラスメントいわゆる「スモハラ」を訴えていた裁判で、横浜地裁は19日、男性の訴えを退ける判決を言い渡した。

 この裁判は、職場での受動喫煙の影響で持病の心臓病を再発したほか、分煙を求めるなどした結果、職場で嫌がらせを受けたとして、会社に損害賠償を求めていたもの。

 19日の判決で、横浜地裁は、「職場の受動喫煙と病気の再発の因果関係を認めるに足りる証拠はなく、嫌がらせを行ったと認めることもできない」などとして全面的に退けた。

スモークハラスメント、通称「スモハラ」。もう喫煙者の肩身がどんどん狭くなります。
実際、駅のホームで吸えるとしても、一番端っこ。気持ちだけではなく、実際に肩身が狭いですね。

受動喫煙。病院でも問題に上がって分煙になって時代の流れで全面禁煙という所ですね。

今回の訴えでは、受動が病気再発に関与したという立証は難しいでしょうね。
特に持病の再燃ですから、年齢的要素・持病の程度が予測不可能な部分があるので、因果関係の立証は・・・。
ただ、分煙の声を上げた後、いじめがあったと言う点は、もっと検証すべきだと思います。

この受動喫煙、様々な情報が発信されていますので悪いものというのは御存じだと思いますが、
自身の再勉強も兼ねて
受動喫煙

 受動喫煙による健康影響のまとめ
成人に起こりうる疾患
心疾患(1.25-1.30倍)
肺がん(1.20-1.30倍)
*家や職場で受動喫煙に曝露される人のリスク
※心疾患については、心臓発作のリスクを高めるような循環器系への急性悪影響がある。
※リスクの無い水準はなく、短い曝露でも危険な場合がある。

乳幼児・児童に起こりうる疾患
呼吸器症状(咳・痰など)
肺の発達の遅れ
乳児突然死症候群(SIDS)
急性呼吸器感染症
耳疾患(中耳炎など)
より頻回でより重症度の高い喘息発作

やはり、タバコというものは、喫煙者本人もそうですが、周りの人々にも悪影響をもたらすものという印象は拭えないですね。

現行、病院内での喫煙が許される特例は、精神科と緩和ケア病棟だけですね。
この部分も将来禁煙には移行していくのでは考えています。

タバコ=絶対悪という印象ですが、喫煙者がいつも言う、タバコ税で日本はもっている。これも半分事実ですからね。

看護職は喫煙率が高い!。疾病を有する人に対応するのが職務なのに・・・・。
看護協会は看護職の喫煙率に目を光らせていますね。
1箱/1000円になれば、看護職だけではなく、日本の喫煙率は大きく下がるでしょうね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ミント油とホルマリン。全然違います!

くたびれナースマンです。

ナースマン、現在は現場を離れていますが、昔は内視鏡業務も経験しておりました。
その内視鏡において、ちょっと信じられない取り間違い事故が。

胃の内視鏡検査、5人に劇物「ホルマリン」を誤噴霧

胃カメラ


 長野県松本市立病院は17日、13日に胃の内視鏡検査を受けた37~59歳の男女5人の胃に、誤って劇物の「ホルマリン」を噴霧していたと発表した。
 5人のうち3人に胃の炎症などが確認できたため、経過観察のため入院したが、17日までに全員が退院したという。
 発表によると、消化管の動きを抑制するために「ミントオイル」と呼ばれる油を内視鏡から噴霧する際、誤って濃度20%のホルマリンを20ミリ・リットル、噴霧した。本来はミントオイルのみが保管されている冷蔵庫から、女性看護師がプラスチックボトルを取り出して使用したが、前日に病理検査で使われた、同じ茶色のボトルに入ったホルマリンが冷蔵庫に保管されていたため、誤噴霧したとみられる。
 同病院は13日中に5人の胃を洗浄するとともに、県松本保健所に報告した。入院しなかった2人は症状を訴えなかったが、血液検査などを実施したという。
 高木洋行院長は「5人もの受診者や家族に多大な不安を与えたことを申し訳なく思う」と謝罪した。

取り間違えというのは、薬関係で頻発している事故形態。それも同じ容器(又は類似した容器)ならなおさらですよね。
ヒューマンエラーを引き起すというか、なんと言うかですね。

1点目 ホルマリンの管理。

ホルマリン。医療関係者ならご存知ですが、病院では生物個体あるいは組織片の標本作製のための防腐、固定処理に広く用いられている。手術等で切除した臓器。そのままにしておくと腐敗しますのでホルマリンに漬けて腐敗しないようにと固定(臓器を固めます)の為に行います。
その後、その臓器を小さく切り刻んで、がん細胞がここまで来ている。手術切除で全部とれているなどを判定。
内視鏡では、胃や大腸の粘膜を取り(生検)し、ホルマリンで固定します。これを顕微検査し、異常細胞(がん細胞)が存在するかとうの診断を行う。内視鏡室にホルマリンがあっても不思議ではない。
しかし、その管理方法が問題。
ホルマリンは原液、比較的濃度の高い希釈液からは、ホルムアルデヒドを含有した蒸気が発生するため、人体に有害であり、毒劇法で医薬用外劇物に指定されている。取扱いには、強制排気装置を備えた作業空間が必要である。また、溶液の廃棄時にも無毒化処理が必要である。
5~6年前ぐらいの保健所監査では、ホルマリンの管理方法に関してかなりきびしく指導が入っています。
鍵付きで保管管理。ホルマリン容器の数チェック等結構細かいです。
内視鏡では取る組織が小さいので、小さい容器で準備されているのはずなんですが・・・・。
内視鏡のスタッフが、ホルマリンを希釈し専用容器に自分たちで小分けするなんて10年以上前の話です。

2点目 ミントオイル

ミントオイル自体を使用することは全く問題ありません。ミントって消化管の蠕動運動を抑制してくれます。
以前は蠕動運動を抑制するためにブスコパンやグルカゴンを使っていましたが、禁忌の方が存在します。
ブスコパンなら、前立腺肥大・緑内障など
グルカゴンなら、糖尿病など。

そこで考えられたのが、ミントの胃内直接散布なんですが、ミント油を調剤して散布していたということ。
しかし、プレフィルドシリンジタイプの「ミンクリア」をなぜ使っていないのかという疑問。

ミンクリア内用散布液0.8% 20mL
ミンクリア

発売されたのが2010年ぐらいだったと記憶しています。これなら調剤も要らないですし、準備も楽!

これが導入されていれば、取り間違いは起こらなかったはず・・・・。コストが少し高いですが・・・。

ホルマリン取り扱い、ミンクリアの採用。対応策はもう見えていると思います。
安全・安心な内視鏡検査のため、早急な対応を望みますね。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー




【フォリフォリジャパン】待望のSwiss Made Watch Collections絶賛発売中

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スーパーノーマル。近畿圏の皆さん。まずは検診を

くたびれナースマンです。

予防医学と言えば検診。会社の検診や人間ドック。形は色々ありますが予防を第一に考えられています。

そんな検診・人間ドックに関連したニュース

日本人間ドック学会が8月、2014年の統計調査報告を公式サイトで発表しました。その結果、基本検査の全項目で異常のない受診者は男性で5.5%、女性で8.3%しかいなかったそうです(全体で6.6%)。「不健康」な人が増えているのでしょうか。この結果をどう読み解くか。

人間ドック男性

 ◇診断基準は正しいのか

 基本検査の全項目で異常のない受診者のことを“スーパーノーマル”と呼ぶらしい。人間ドックの受診者は313万人余りで毎年増えている一方で、スーパーノーマルの比率は下がり続けている。1984年には29.8%であったのが、今や6.6%である。下がり続けている原因として、受診者の高齢化や生活習慣病関連の判定基準の厳格化、食習慣の欧米化、身体活動の低下が挙げられている。しかし、男性では肥満、高コレステロール、肝機能異常などが、50歳代をピークに減少傾向にある。単に受診者の高齢化というよりは、年々厳しくなる診断基準が問題かもしれない。普通に仕事や生活をしている人のほとんどが正常でないとされる診断基準は果たして正しいのであろうか? 確かに多くの研究の結果から導き出された値ではあるが、少し見直すことも考えた方がよさそうである。

 ◇うつ病から回復でコレステロール値が上がる

 ドイツ・ベルリンで10月に開かれた「第12回欧州栄養学会議」で、男性更年期外来に通院している、主にうつ病患者さんの血液データを検討した結果を発表してきた。その内容だが、受診前は高コレステロールの患者さんは少なかった約33%)が、3カ月以上治療して精神的に元気になってくると高コレステロールの患者さんが約49%まで増えてくる。結局、全体で治療前よりも治療後は総コレステロール値や尿酸値が上がるというものである。

 うつ状態の患者さんの多くは疲労困憊(こんぱい)して食欲もなく、夜も寝られない生活が続いている。初診の時に血液検査をすると、生活習慣病関連の値が全く正常の方が多い。心身共に健康な中年男性は、暴飲暴食を繰り返し、適当な運動もしない人が大半だろう。このような人が人間ドックにかかると何らかの検査で異常値が出るだろう。

 ◇「ちょい悪」がちょうどいい?
飽食の時代に、バリバリのサラリーマンが生活習慣病関連のデータ全てにおいて正常値である可能性は極めて低いだろう。

検診等で引っ掛かる結果、病院に受診に行く。定期的に身体のメンテを。
スーパーノーマル(異常なし)なら、次の身体チェックは1年後。  こう考えると、ちょい悪の方がメリット大きいかもと思ってしまいます。
基準値に関しても、様々な研究から年々厳しさが・・・。様々なリスクを回避するための基準値ですが本当に考えものです。

今回この記事で「スーパーノーマル」という言葉を知りました。
勉強ついでに、人間ドック学会の統計資料をみたのですが、おもしろいですね。
このスーパーノーマルは地域別で数字が発表されていました。

スーパーノーマル

地域差がこんなにあるのかと驚きです。
北海道は健康ですよね。関東・甲信越は受診者も多いですが健康な方も平均以上。凄いです。
ナースマンは大阪なので、近畿が気になりますが・・・
最下位という結果もそうですが、受診者数の少なさが気になります。いつも関東圏と近畿圏は比べられますが、関東圏の三分の一(泣)
近畿に関してはまず、受診者数を増やす対策が必要だと感じました。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ビール腹。大病の予兆!?

くたびれナースマンです。

予防医学関連にはまっているナースマン。
本日は、体型に関連したこんなニュース

ビール腹は肥満より危険? 男性の死亡リスク2倍に 米研究
おなかが突き出たいわゆる「ビール腹」体形の男女は、たとえ手足が細くても、肥満の男女より糖尿病や心臓病のリスクが大きい――。そんな研究結果が内科学会誌に発表された。
中年メタボ


肥満が心臓発作や脳卒中、糖尿病、がんなどのリスクを増大させるというのは周知の事実。これまでは肥満をコントロールする目的で、身長と体重から算出するボディーマス指数(BMI)の数値が着目されていた。

しかしBMIの数値でたとえ「健康」と判定されても、下腹に脂肪が付きすぎている場合は注意を要することが、今回の調査で明らかになった。

米ミネソタ州にあるメイヨー・クリニックなどの研究チームが1万5000人あまりのデータを調べた結果、ビール腹体形の男性は単なる肥満や太りすぎの男性に比べて死亡リスクが2倍になることが判明。女性の死亡リスクも1.5倍の高さだった。
以前に行われた調査では、ウエストとヒップのサイズ比の数値が大きいほど糖尿病や脳卒中、心臓病にかかるリスクが高まることも判明していた。

ビール腹って、ビールそのものが脂肪としてお腹に付くわけではありません。
ビール腹の原因は一緒に食べるおつまみ!!。
「アルコールにおつまみ」いわゆる1setですよね。ビールと一緒が美味しい。飲まれる方は様々なおつまみを連想すると思います。
ビール自体、食欲を促進させる効果があり、苦みがあるので「濃い味のおつまみ=カロリー高め」、その結果、ビール腹ということです。
ビール腹、男の人に多い気が? 男性は胃や腸などの内臓を包み込む「腹膜」の表面に脂肪がつくことが多いんだ。おなかの中に腹膜というボールがあり、中に内臓が詰まっているイメージ。ボールの表面に脂肪がつくと、ボールが厚くなる。見た目は、おなか周りだけがぽこっと出る。
 女性は脂肪を、お尻や太もも、二の腕など体の柔らかい部分に皮下脂肪としてためる。おなかだけでなく、体全体に脂肪がつくんだ。脂肪がたまる場所が男女で違うのは、ホルモンが原因と考えられている。

おなかが出ているとなぜ健康にとって致命的なのか? 胃の周りにたまった皮下脂肪は体内に浸透して重要な臓器を包み込み、肝臓でコレステロールに変換されて血中に送り込まれる。このコレステロールが動脈に蓄積すると動脈硬化が進み、心臓発作や脳卒中を引き起こすと考えられるからだ。

皮下脂肪がたまるとインスリン抵抗性も高まり、2型糖尿病など慢性疾患の原因にもなる。ビール腹解消のためには加工食品を避けて肉を減らし、野菜や果物の摂取量を増やすなど健康的な食生活を心がけ、適度な運動を習慣にする必要があると専門家はアドバイスしている

お肉&ビール大好きナースマン。
おつまみに関しては、あまり食べない派。昔から、食べずしてビールばかり飲んでいます。それがいいのか体型はビール腹ではないです。
空腹にビールを入れますので、悪酔いも・・・・。どちらも身体にはよくないですね。
適度な運動ということで、ランニングを続けていますが、
(良いこと) - (悪いこと) = 0 こんな数式は通用しないですよね。

ビールはそこそこにしておきます。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




月収45万円以上確実な看護師転職はナースパワーへおまかせ下さい





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 認知症予防。自分のできることを考えます。

くたびれナースマンです。
認知症。高齢化社会がどんどん進んでいる中、様々な問題が浮上している昨今
将来は認知症になるかもしれないが、現状はまだ関係ないと安易な思いを持っている
ナースマン。
しかし、将来を見据え、認知症のリスクを低くできることがあるならということで、
絶対的に避けれない、食生活と認知症リスクに関して、

肉or野菜中心…「認知症にならない食生活」はどっち?
選択式で、考えてみます!

認知症のお爺

【Q1】食べるなら「ごはん」と「菓子パン」、どっち?

【A1】ごはん。
研究では、朝食でごはんを食べている子どものほうが、菓子パンを食べている子どもより、言語の働きを担う脳の『前頭前野』という領域の『灰白質(神経細胞が集まる部分)』の面積が大きいことがわかりました。ここが大きいほど、その部分が担う能力が高くなります。さらに玄米なら、米ぬかに含まれるフェルラ酸が認知機能を改善するため、よりおすすめです」

ナースマン、朝食は取らないか、取ってもパン派
朝から、認知症リスクを背負っています。


【Q2】食事は「野菜中心」と「「肉中心」、どっち?

【A2】野菜中心。
アメリカの調査では、肉ばかり食べている人はベジタリアンの2倍、認知症になりやすいことがわかっている。肉を加熱調理することで発生する活性酸素が老化を促進することや、カロリー過多になることが、その原因だ。
とくに中年期(40~50代)の肥満はその後の認知症のリスクを上昇させ、なかでも内臓脂肪型の肥満は要注意。この世代の方は、高カロリーな肉中心の食生活よりも、野菜をしっかり取るよう心がけましょう。野菜に含まれるポリフェノールは、認知症予防にも効果的です

お肉大好きナースマン。ここでもリスクを背負っていますが、お肉を食べるときは大量に野菜を食べることを意識しています。
焼肉を食べるときはサラダ系を2人前。少しはリスク軽減に繋がりますかね。


【Q3】お酒は「毎日赤ワイン」と「まったく飲まない」、どっち?

【A3】まったく飲まない。
赤ワインのポリフェノールが注目されていますが、日本人の約半数は生まれつきアルコール分解酵素の働きが弱いか、欠けています。生まれつき飲めない方は、アルコールで脳の萎縮が進行しますので、ポリフェノールはお酒以外で摂取したほうが効果的。飲める方も飲酒は適量を心がけましょう

赤ワイン飲まないですが、ビールを飲みます。
晩酌に毎日350mlを2~3本。リスク背負っていま。

【Q4】飲むなら「緑茶」と「紅茶」、どっち?

【A4】緑茶。
同じ茶葉でも、紅茶より緑茶をよく飲む人のほうが、認知症になりにくいという研究結果があるが、これは、緑茶に含まれるカテキン量が、紅茶の4倍量にのぼることと関係しているという。
カテキンは、アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβが脳に溜まるのを抑制するのではないかといわれています。緑茶をよく飲む人は和食派であることから、洋食派の人より摂取カロリーが控えめであることとも、関係しているかもしれません

ナースマン。緑茶が大好きです。紅茶より、また麦茶・ほうじ茶などより緑茶派です。

Q4だけ、良かったです(泣)
予防医学の事も書きました。自身の生活も少し見直したいと思います。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不正のトライアングル。初めて知りました。

くたびれナースマンです。

前回の予告から、「不正のトライアングル」に関して
組織事故というのは、色々なものが発達しても無くならない。
無くならない要因はヒューマンファクターの関与というところは理解していたのですが、
その側面を心理学から。

不正のトライアングルとは

企業等組織内での不正を分析する考え方に、「不正のトライアングル」理論があります。米国の犯罪社会学者ドナルド・R・クレッシーが確立した理論ですが、不正は①不正を許す機会、②不正をしようとする動機、③不正の実行を是認しようとする正当化行為といった要素が揃った時に起こると考えられています。

トライアングル


不正行為とは
不正行為の代表例として横領と呼ばれるものがあります。
特に、取引先に請求書を偽造させる等して、外部の者と共謀して行われる横領は発見が困難で、被害金額も大きくなります。
また、近年では、個人情報の漏えいが大きな問題となっていますし、不正行為にはこれら以外にも
様々なものがあります。
備品等の窃盗
架空の出張
通勤手当のごまかし
虚偽の欠勤
虚偽報告
ミスの隠蔽 等
中小企業では、不正行為に対する認識が不足していたり、不正行為を未然に防止する仕組みや早期発見をする仕組みが整っていない所が多いようです。
一回、不正行為が起きると...
横領の多くは、ちょっとした出来心で会社のお金に手を付けることから始まります。しかし、不正を発見する仕組みが整っていないと、不正を直ぐに見付けることができません。
そして、不正が発覚しないことが分かると、不正行為を繰り返し、会社の被害金額がどんどん膨らんでいきます。

不正のトライアングル
不正は、次の3つの条件が揃ったときに起きるという「不正のトライアングル」という説があります。
不正を行う「動機・プレッシャー」がある
不正を行うことができる「機会」がある
不正を行っても自分を「正当化」できる


横領のケースに適用すると、
金銭的な問題を抱えていて、
横領をしても見付からないと認識していて、
自分には横領しても許される理由がある
場合に発生します。


動機・プレッシャーの一例
他人には言えない金銭的な問題を抱えている
自分では達成できない(と思われる)高い目標を課せられている
仕事でミスをしてしまい、上司に報告することができない
不正を犯すことで利益を得られる
社員に目標の達成を強く求め過ぎるとプレッシャーになり、不正が行われる可能性が高まります。


機会の一例
不正を行っても見付からないと認識している
発注者と検収者が同じ等、1人で業務を担当し、第三者のチェックが入らない
チェック機能の盲点を良く知っている
中小企業では社員数が限られていますので、1人でいくつもの業務を担当し、また、長年勤務している社員を過度に信頼して任せ切っているケースがよくあります。
第三者のチェックが入らないと、不正が行われる可能性が高くなってしまいます。


正当化の一例
自分は正当な評価をされていないと思っている
サービス残業を強いられている
一時的に借りるだけで、後で返そうと思っている
不正を行っても品質等の問題はないと思っている
他の社員も同じようなことをしている
会社のために、これ以外の方法はないと思っている
職場でいじめを受けている
経営者が会社のお金を公私混同している

会社に対する不満から、「これぐらいのことは構わない」と考えて自分を正当化するもので、会社の組織風土や法令順守の状況に左右されます。

理科出来た様な、できなかったのような。
その会社が悪いんだという印象を持ちがちですが、個人的な所から始まるのが多いのかなと。
ただ、その不正行為を是正するかどうかが組織事故に発展するかしないを左右しますね。
つまり、会社自体の倫理観と言う所ですかね。
あってはならない事故です。再度自分の倫理観を見直そうと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





【フォリフォリジャパン】Sweet掲載宮田聡子さん着用アイテム、公式サイト続々入荷中!

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 患者に接しなくても倫理観は必要です。

くたびれナースマンです。

大きな組織事故が発生しました。

血液製剤を不正製造、記録も偽装 化血研、20年以上
 血液製剤やワクチンを製造する「化学及血清療法研究所」(化血研・熊本市)が、20年以上前から国に承認された内容と異なる方法で血液製剤をつくっていたことが明らかになり、厚生労働省は処分を検討している。化血研は発覚を免れるため、製造記録の偽造もしていた。

 化血研は原因調査などをする第三者委員会を設置しており、近く報告書をまとめる。厚労省は報告書をみたうえで、処分を決める。

 化血研によると、1990年ごろから、工程を安定化させるため、血液を固まりにくくするヘパリンを承認されていないのに添加。また実際の製造記録のほかに、国の承認通りに製造したとするにせの記録もつくり、国の定期調査に対応していた。製造法の変更による健康被害は報告されていないという。

 厚労省は6月に血液製剤12製品の出荷を差し止めた。ワクチンでも同様の問題がないか調べ、安全性が確認されるまで出荷の自粛を要請している。

 インフルエンザワクチンでは製造書類に誤記などが見つかり、出荷が遅れた。百日ぜきや破傷風などの四種混合ワクチンは現在も出荷が止まっており、今月中旬には化血研製の在化血研製の在庫はなくなる見込み。

 化血研は「長年にわたる法令軽視の姿勢があり申し訳ない。第三者委の報告を踏まえて品質保証体制の再構築に努める」としている

20年以上、組織ぐるみで不正を行っていたというのは驚きですね。
医療安全ではこのような、組織事故はよく引用され安全文化の醸成や組織風土に関連させ講義を行うのですが、具体的な組織事故での事例は他職種で医療関係で発覚したのは珍しいですね。

医療安全でよく引用される他職の組織事故

・チェルノブイリ原発事故
・スペースシャトル・チャレンジャーの爆発
・山一証券の倒産
・JOC臨界事故
・雪印乳業食中毒事件


群馬大の事例に関しては、まだ詳細がでていません。これは組織事故かどうかまだ判断がついていない。
東京女子大の小児麻酔薬投与は全体とは言いませんが、暗黙行っていたので組織事故に近いか?
慈恵 青戸病院のTUR事故は、担当医師の問題。これは個人的な医療事故。

医療事故の多くは個人という部分が多数です。今回のような会社全体というのは医療界では珍しい。

利益追求なのか、他者との競合なのか、何らか理由があると思いますがこれから解明されていくのではと。
厚労省が処分を考えているということですが、一度会社を潰すしかないですよね。
組織風土が、不正を不正と感じていなかったから20年以上そのままだったんでしょうね。

このような血液製剤やワクチンもそうですが、医療機器・医療製品に関しては、病院に売れたらOKではなく、それらを使用される患者さんの安全やメリットを第一に考えるのが・・・・。青臭いですかね。

組織事故を調べる中、不正が発生する時、「不正のトライアングル」という考え方が存在することを知りました。
医療安全で学んだのは、本当に浅く、
「組織内部に潜む欠陥が、知らず知らずのうちに拡大して発生し、その影響が個人レベルにとどまらず組織全体、あるいは社会に及び事故 」
次回、もう少し深いところの考え「不正のトライアングル」に関して投稿したいと思います。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





ドメイン取るならお名前.com

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。