フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 個人情報保護。取り扱う当事者の意識が重要です。

くたびれナースマンです。
以前、このブログでも書きました卵巣切除事故。思いこみで良性の卵巣も切除してしまったという事故。
この病院、この事故が発生する以前に不正閲覧でも事故を起こしていた病院です。
そんな不正閲覧に関して、院内で意識調査を行った結果が公表されていました。


<カルテ不正閲覧>病院職員の2割「やった」

  大崎市民病院(宮城県大崎市)で入院患者の電子カルテが不正閲覧された問題で、同病院が実施した「個人情報の取り扱いに関する職員意識調査」の結果が27日、市議会民生常任委員会に提出された。それによると、回答した職員の約20%が業務と無関係に患者の電子カルテや関係文書を閲覧したことがあり、院外に個人情報を漏らしたケースもあった。


 
  調査は7月29日~8月20日の間、医療事務や清掃などの委託職員を含む全職員を対象に無記名で行い、1681人(99.12%)から回答を得た。
  回答者の98.8%(1660人)が個人情報の取り扱いに注意が必要との意識を「持っている」としたものの、20.3%(341人)が業務と関係ない個人情報を閲覧したことが「ある」と答え、意識と実態のずれが浮き彫りになった。
  さらに3.0%(50人)は、院内で知った患者の病状や来院状況を家族や知人に話したことが「ある」と回答。一部の個人情報が外部に漏れていた。
  また、16.8%(282人)が、他の職員が業務と無関係に個人情報を閲覧ししているのを見たことが「ある」と答えたが、うち「本人に注意した」と「上司に報告した」は、それぞれ34人と9人にとどまった。
  結果について、病院側は「個人情報保護への注意喚起などが実際の行動に結びつかず、不正を見聞きしても注意しにくい職場風土がある」などと分析。対応策としてアクセス制限などのシステムの見直しとともに研修の実施などを挙げた。
  委員会で市の阿部健雄病院事業管理者は「医療現場に安全文化を根付かせるのが大事」と話し、今後、職員の意識変化を把握する追跡調査も実施する。

業務と関係がないという境界線はどこなのか、職種や立場によって大きく変わるので難しいですが、自身で「ある」と答えたということは関係ない情報なんでしょうね。
電子カルテに保存されているデータに関して病院職員ならすべて業務に関係する情報という感覚を持っていましたが、その感覚が間違っているのですかね。
閲覧自体に問題はないと考えているのでアクセスの制限などは反対に業務遂行に影響が出るのではと・・・
それより、その知った情報を外部に漏らしたという点が大きな問題だと思います。
院内で患者情報が飛び交うのは当たり前のこと、紹介や転院相談では一部情報が外部に出ます。
外部に出す情報は個人が特定できないようにするなど様々な対策が。
対医療従事者に関しては漏えいではないですよね。

家族や知人に話したことが・・・。雑談や話の流れとかで漏らしてしまったでしょうね。
このことの意識が大きな問題です。
看護師の方は、ナイチンゲール誓詞の一文を思い出して下さい。

「~ 略
 我が任務にあたりて
 取り扱える人々の私事のすべて

 我が知り得たる一家の内事のすべて
 われは人に漏らさざるべし
 略 ~ 」

個人情報保護法が出来る前から、看護学校で叩き込まれました。

ナースマンの病院でも
病院の近くの居酒屋で、看護師と思われる病院職員が患者の悪口を言っていると」とお店から忠告を受けたことがあります。

話すと言う行為は自ら行っています。また意識がなくてもどこで誰が聞いているかわからないです。

不正閲覧も問題かも知れませんが、業務で知り得た情報の重みを感じていない職員や職場風土が問題だと思いました。

記事の最後にありますように「安全文化の醸成」。今後この点が求められる課題になりますね。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




看護師の転職サポート≪登録無料≫マイナビ看護師





【フォリフォリジャパン】めざましテレビご紹介 全9色カラフルウォッチThe Candy Collection発売
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 健康のためにもランニング続けています。

くたびれナースマンです。
以前ランニングウォッチを購入しましたと投稿させていただきました

記事はこちら→ランニングウォッチ購入


まだまだ残暑厳しいですが、朝夕は過ごし易くなってきました。
そうなればランニングの季節ですよね。

少しランニング結果のご報告

8月ランニング結果

8月は猛暑!。朝夕もうだる様な暑い日続いたので、毎日ランニングというわけにはいきませんでしたが、なんとか月間100kmに届きそうです。

8月27日ランニングウォッチ
昨日の結果。10kmを走ることができました。それとなんとか6分/kmのペースを保つことが。
暑い時は、外にいるだけで汗だくになり、走り出すと想像以上に体力を消耗していましたが、なんとか普通状態になってきました。

継続は力なり→毎日は厳しいですが、ランニング続けて行こうと思います。

大阪城1
いつもランニングコースにしている大阪城。 夏は新緑でしたが、これから季節が変わると違う風景が・・・。
それも楽しみにがんばりたいと思います。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




看護師紹介25年、10万人が利用する転職サイト





【フォリフォリジャパン】めざましテレビご紹介 全9色カラフルウォッチThe Candy Collection発売

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 注射器での感染。一昔前の話ではないです。

くたびれナースマンです。

少し前のニュースですが、看護師の業務=注射業務に関連した事故のニュース

注射誤り肝炎感染させた疑い、院長ら書類送検

 注射器の誤使用で福岡県豊前市の女性(当時81歳)をC型肝炎ウイルスに感染させたなどとして、福岡県警は30日、同県吉富町の内科クリニックの男性院長(46)と女性准看護師(52)を業務上過失傷害容疑で福岡地検小倉支部に書類送検した。
 発表では、准看護師はクリニックに勤めていた2010年12月5日、C型肝炎患者に使った注射器を誤って入院中の女性に使用し、同ウイルスに感染させた疑い。同じ患者に再び注射するつもりだったが、氏名の確認などを怠り、患者を取り違えたという。院長は医療法に基づく指導を徹底せず、安全管理を怠るなどした疑い。院長は容疑を一部否認し、准看護師は認めている。
 女性は11年1月、急性C型肝炎を発症。約3年後、別の疾患で亡くなった。女性の長男が13年5月、県警豊前署に告訴していた。

注射の場面

注射器での感染と言えば、針刺し事故なんですが、大阪の病院で新人が針刺しを起こしました。その病院では針刺し事故に関して教育がされておらず、感染を発症した際病院の教育不足ということで病院が訴えられ損害賠償の判決が過去に。
針刺し事故の教育を行う時、よく使用する事例ですがそれを思い出しました。
今回は状況がかなり違いますね。
針刺し事故ではなく、患者に対する重大な感染事故です。

同じ患者に再び注射をする予定であった。
ナースマンも外来勤務で注射・点滴等を行っていましたので、再び注射(点滴)を行うと言う場面はありますね。
その理由は穿刺の失敗。途中での薬液漏れがほとんどですね。
但し、この状況なら直ちに再穿刺ですよね。間をあける・他の患者の対応をするなどあり得ないです。
穿刺の失敗・薬液漏れ。医療側のミス(この表現は事故になるので嫌なんですが・・・)という認識があるので、まずその対応です。
あとで、注射しようという場面は想像ができません。

なんらかの理由で、再注射を時間をあけて行うなら、その時注射器は新しいものするのが普通だと。
クリニックは取り間違え(患者)の点で安全管理ができていなかったとコメントしていますが、それ以前に感染に対する意識があまりにも低すぎて起きてしまった事故ではと感じてしまいます。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】




【フォリフォリジャパン】めざましテレビご紹介 全9色カラフルウォッチThe Candy Collection発売
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 過剰処方 薬強要。対応怖いですよ。

くたびれナースマンです。

以前残薬の問題を投稿しました。次期診療報酬改定の中でも、何か対策がとられるみたいですが。
残薬ではないのですが、精神薬の処方実態の問題が表出というニュース

依存性のある睡眠・抗不安薬「ベンゾ系薬剤」、過剰処方が2割

 精神科などを受診する外来患者の約2割が、睡眠薬や抗不安薬に広く使われている「ベンゾジアゼピン(ベンゾ)系」の薬剤の処方量が過剰であるとする調査結果を、医療経済研究機構がまとめた。
 依存性があるベンゾ系薬剤は、使い続けるとやめにくくなる危険があり、厚生労働省は診療報酬で睡眠薬や抗不安薬の多剤処方を制限している。
 大手調剤薬局のデータベースを使い、2011年4月~昨年11月に精神科と心療内科から発行された、延べ110万人分の処方箋を分析した。その結果、標準的なベンゾ系薬剤(ジアゼパム)換算で1日当たりの最大用量を超えていた割合は19・1%だった。内訳は2倍以内が13・3%、2倍超から3倍は3・7%、3倍超は2・1%だった。
 日本は先進国の中でベンゾ系睡眠薬の使用量が極めて多いことが知られている。厚労省は昨年度の診療報酬改定で、睡眠薬や抗不安薬を一度に3種類以上処方した場合、原則的に診療報酬の一部を請求できない仕組みを導入した。だが、今回の調査ではベンゾ系薬剤の処方量は導入前と比べてあまり変わっていなかった。
 調査結果をまとめた同機構の奥村泰之主任研究員は「規制を導入しても全体の処方量を減らすことにはつながっていない。薬をやめにくくなる場合があることを念頭に置き、過剰な処方が行われないようにする対策が必要だ」としている。

過剰処方なので、処方をする病院と薬歴管理する薬局、両方に問題がありますね。
薬局の方は、以前ニュースにもなったように薬歴管理が実際にはされていなかったということもあり、抜け穴にですよね。
この薬歴管理には次期診療報酬改定で大ナタが・・・。
続いて、処方の根本である病院ですが、紙カルテでも電子カルテでも処方内容は把握できるはずです。
処方薬・量・処方日数すべてが記載されています。
その中でも過剰投与が発生すると言うのは、依存性が高い精神薬なので、患者から強要されるということですかね。
この強要。なかなか難儀です。
処方を断ると、結構トラブルになります。依存になっている患者は薬を入手するため必死ですから。
そのようなトラブルを経験すると、安易に処方をしてしまうという実態が・・・
また患者側も、人手が少ない夜間や、病院をはしごする輩も実際にはいます。

診療報酬で規制をかけたといいますが、実際に対応する医療スタッフへの対応は・・・。
病院によっては事務方や警備の方がというところもありますが、患者で来院して診察室にとなると病院自身では
なかなか規制はかけれないです。
過剰な処方をしないようにと言われていますが、薬が欲しくて切羽詰まっている患者を対応する医療スタッフへのバックアップを根本的に考えなければ過剰処方は無くならないと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 長時間労働。生活の為避けれないです(泣)

くたびれナースマンです。

看護師の業務とは全人的に人を助ける(援助する)。平たく言えば奉仕の心を持ってと言うことなのかなと考えていますが
他人への奉仕→素晴らしい事だとは思いますが、少し自分の身体も・・・と思うようなニュース。

長時間労働で脳卒中のリスク33%増加、研究

男性疲労

週の労働時間が55時間以上の人は、35~40時間の人に比べて脳卒中のリスクが33%高まる可能性があるとの研究論文が20日、英医学誌ランセット(Lancet)に発表された。

 英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(University College London、UCL)のミカ・キビマキ(Mika Kivimaki)教授(伝染病学)らの研究チームは、計52万8908人の男女を平均7.2年間追跡調査した17件の研究論文の分析を基に研究を実施。喫煙やアルコール摂取、身体活動レベルなどを考慮しても、脳卒中のリスクは高いままだった。

 論文では、週の労働時間が標準的な人々と比較した場合の脳卒中のリスクについて、週41~48時間労働で10%増、週49~54時間で27%の大幅増、さらに週55時間以上では33%増加したことが明らかになっている。

 また、欧州や米国、オーストラリアの男女計60万3838人を平均8.5年間追跡調査した25件の研究から得たデータを分析した結果、週の労働時間が長いと、年齢や性別、社会経済的地位などのリスク要因を考慮しても、冠動脈性心疾患を発症するリスクが13%増加することが明らかになった

脳卒中や冠動脈疾患。ストレスでのリスク。あとは喫煙・食生活は看護学校時代学んだような記憶があり、患者指導もそのあたりを中心に行っていました。
労働時間の長さというのは、具体的な数字が示され少し怖い感じもしますが。
また労働時間が長い(休みがとれない)というはストレスにも大きく関与しますので、そのあたりも複雑に絡み合っているかも。
この論文にある55時間以上ですが、1日8時間労働で残業がなければ6.88日。1週間休みなしで働き続けるという計算ですが、実際残業(サービス残業も)存在しますから。

過去に記載した看護師の残業時間でも、
時間外 後

各勤務体で1時間以上残業している割合は結構あります。
2交替勤務の一例で
夜勤→非番→OFF→日勤→日勤→OFF→夜勤。これで1週間。時間にすれば42時間になります。
各勤務で1時間残業したと仮定すると、47時間。かなり55時間に近づきますね。

患者の急変や、急性期で突発的な入院が発生したとなれば1時間の残業では済まないので、ますます55時間に・・・。

若い時は体力もあり、少々の超過も苦とせず、手術室や内視鏡にもいたので夜中の呼び出しにも対応。
良く考えたら55時間超過している勤務を十数年対応していたのではと思います。

今は現場を離れていますので、55時間はないと思います。
時間の方は解決したような気がしますが、上層部からの過剰なストレスに耐えながら仕事をしているので
リスクファクターから逃げれないなと日々感じております。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • いつまで続く取り間違え事故。常習化していますよ。

くたびれナースマンです。

また大きな医療事故のニュースが飛び込んできましたね。

大崎市民病院が医療ミス 正常な卵巣を切除


腹腔鏡

 大崎市民病院(宮城県大崎市)でことし3月、右卵巣腫瘍摘出の手術を受けた女性患者の正常な左卵巣も切除する医療ミスがあったことが18日、分かった。病院側は女性に謝罪し、現在、損害賠償などについて協議中という。
 同日の市議会全員協議会で報告された。病院によると、女性は県北部の30代後半の既婚者。病院側は「執刀医が両方を切除するものと思い込んだのが原因」と説明。女性は女性ホルモンを補うための通院治療を余儀なくされているという。
 女性は昨年12月に別の医療機関で右卵巣腫瘍が見つかり、大崎市民病院で腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた。事前に右のみの切除と確認していたが、執刀した婦人科医と助手が両方切除と勘違いし、他のスタッフも気付かなかったという。病院側は「次に控えていた手術が両卵巣の切除だったことなどが、思い違いを招いたようだ」と釈明した。
 手術後にカルテの確認でミスが発覚。3月末に病院の医療安全管理委員会が病院側に責任があると判断、当時の病院長と執刀医らが女性と家族に謝罪した。
 病院側はその後、今月5日までに「臓器の左右を確認のための声掛けを何度も行う」など5項目の再発防止の留意事項をまとめた。
 医療ミスの公表が5カ月後になったことについて、病院側は「再発防止策を決めてから公表することを女性側と合意していたためだ」と説明し、「損害賠償について協議中だが、誠意をもって対応したい」としている。

手術部位の取り間違えというのは、このブログでも数回書いていますが、繰り返されている事故です。
医療安全の発端となった事故→心臓と肺の手術取り間違えを教訓に活動されていますが、手術部位取り間違えは無くならないですね。
特に手術という大きな侵襲とのちの後遺を考えるともっと慎重に且正確が求められると思うのですが・・。

執刀前のタイムアウトはなかったのですかね?
執刀する前に、患者の確認・病名の確認・術式の確認。少し手を止めてこの3点だけも確認すれば防げたのでは思います。
次の手術の術式と勘違いしていた。手術を数件同一日に行うこと。普通の事だと思うのですが・・・。
思いこみですみません。被害を受けた本人・家族は納得できる理由ではないですよね。

病院は再発防止策で「何度も声掛けして確認する」とされていますが、手術室内のスタッフ全員が思いこみをしたら・・・。
ナースマンからの提案です。手術を1日1件にすれば思い込みは防げます。これぐらいの対策をださなければ被害の患者・家族は納得しないと思いますが。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「人食いバクテリア」。ネーミングが怖すぎます。

くたびれナースマンです。

昨年のデング熱騒動は、今年はないみたいですね。
しかし、それに打って変る病気が猛威をふるっていると言うニュース

「人食いバクテリア」今年の患者数279人、過去最多に

 「人食いバクテリア」とも呼ばれ急激に手足が壊死し、死に至ることがある「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の今年の患者数が279人となり、過去最多となったことがわかりました。

 「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は主に「A群溶血性レンサ球菌」の感染によって引き起こされ手足の筋肉が急激に壊死し、多臓器不全などになることがあります。致死率はおよそ30%にのぼり、「人食いバクテリア」とも呼ばれます。

 国立感染症研究所によりますと、今年は今月9日までで患者の数がすでに279人にのぼっていて、調査を始めた1999年以降で、最多となっています。都道府県別では、東京が44人、大阪が28人などとなっています。

レンサ球菌、通常なら咽頭や上気道の感染で有名です。重症化に関してもそれほど聞かないです。

しかし、通常感染しない部位。特に手や足に創部があり、そこから菌が侵入すると劇症型になるそうです。
感染から病態の進行が異常に早い。みるみるうちにという表現がまさしくピッタリ。

下肢の壊死というと、糖尿病性壊疽を思い出しますが進行は結構緩やかです。糖尿病性壊疽に関しては進行というより、治りにくという印象ですね。
しかしこの劇症型溶血性レンサ球菌感染症は明らかに進行していく感染症です。
前々から事例報告はあったのですが、患者数が過去最多にまで増えていると言うのは怖いですね。

この劇症型溶血性レンサ球菌感染症に関して、タイムリミットが48時間と言われています。
みるみるうちに体内で増殖していく。免疫が働かなくなり、自由に菌が体内を動き回る。手足は壊死しすぐにでも切断しなければならない。本当に恐ろしい病気です。
いつもと違う傷・痛みなど症状があれば迷わず医療機関を受診したほうがいいですね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 院内のメッセンジャー。ロボットの登場です。

くたびれナースマンです。

お盆の土曜日。外の車も人も、外来の患者さんもガラガラの日
しかし病院。入院施設を持っているところはお盆とか関係ないですね。
関係ないと言いながら、私用で休まれる方も増える時期なので、職員もいつもより少ないかな?

人手不足ではないのですが、行事関係で人数に凹凸がでるのは仕方がないこと・・・。
人手が根本的に不足している所はそれどころではないと思いますが、
そんな人手不足に一役買ってくれそうな、こんな医療機器(?)のニュース

国外初の導入、自律搬送ロボットがシンガポールの病院で稼働


パナソニックは、同社が開発した自律搬送ロボット「HOSPI」が、シンガポールのチャンギ総合病院で稼働したと発表した。HOSPIは24時間稼働可能で、セキュリティ機能、自律走行機能などを備え、人手と時間の節約に貢献するという。
 パナソニックは2015年7月27日、同社が開発した自律搬送ロボット「HOSPI」が、シンガポールのチャンギ総合病院(CGH)で稼働を開始したと発表した。HOSPIの導入は、日本国外ではCGHが初となる。
 CGHは1000床超の公立病院で、シンガポール東部の約140万人の医療の受け皿となっている。2015年7月23日に新棟を開設し、今後入院患者の増加が見込まれることから、医療品や検体、カルテなどの誤配を防ぎ、確実に搬送することを目的に、HOSPIの導入範囲拡大を決定した。

ロボット

 HOSPIは、IDカードの照合によって搬送物を取り出すというセキュリティ機能を搭載。搬送物へのいたずらや盗難、損傷などを防ぐことができる。また、無線LANにより、エレベーターの到着信号を受信して自動乗降し、複数の棟に分散している各施設間を自動走行して、医薬品・検体を届けることができる。
 さらに、センサーを備え、院内マップデータをプログラムしているため、患者や機材を自動で避けながら走行できる。病院内の新しいルートの追加プログラムも可能。コントロールセンターとの通信・情報の伝達により、HOSPIの位置を常時把握し、記録することも可能だ。
 外形寸法は幅630×奥行き725×高さ1386mmで、電池を含めた重量は約170kgとなる。連続運転時間は約9時間(フル充電まで約4.5時間)。格納体積は幅350×奥行き440×高さ390mmで、最大20kgを運搬できる。移動速度は1.0m/sまでで、速度の選択も可能となっている。
 CGHでは、24時間稼働が可能なHOSPIの導入により、人員不足に対応し、人の手を必要とする医療活動により多くの人員を振り分けられるようになるとしている

このようなロボット。外国の飲食店(中国だったと思いますが)で導入されたというニュースを最近見た記憶があります。
メッセンジャー的な役割ですよね。
電信化がどれだけ進んでも、医療の現場では医療材料の配達。紙媒体の運搬は無くならない業務です。
また人手不足。人員削減の的になるのは事務方。
医師・看護師・薬剤師は法的に人数が決められます。リハビリセラピスト。取得している施設基準にここも必要人数が。
検査技師・放射線技師は必要。管理栄養士も法的人数。こうなってくると必然事務方が的に・・・(泣)
メッセンジャー的な役割に関しては資格免許がいらないので、このようなロボットの導入はメリットが大きいかもしれませんね。
病院規模が大きくなればなるほど、動線も大きくなるのでロボットは魅力ですね。
ただ記事内にある24時間稼働。夜中に動いているロボットに遭遇したら、少し怖い気もしますね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 職人業務採血。画期的な補助機器の登場です。

くたびれナースマンです。

看護師の主たる業務、採血やルート確保。
得意な人もいれば、苦手な人も。
苦手な人はそうですが、得意な人でも失敗したことはあるはず。
結構緊張感ある業務なんですよね。そんな業務に画期的な補助機器が。

皮膚に静脈を透過。注射の失敗はさせない「VeinViewer」

もう静脈注射を失敗させない、下手な看護師にぶすぶす刺し直しされることもない?
近赤外線で血管をリアルタイムで透過してくれる医療機器が登場しました。その名も
「VeinViewer」
こんなふうに使います。
この静脈の位置を映し出す、VeinViewrを開発したのはアメリカ・メンフィス州のクリスティ・メディカル・ホールディングスという医療機器メーカー。
近赤外線によって深さ10mm以内の範囲にある静脈を皮膚表面に映し出すことができます。
しくみとしては、血液は光を吸収するため、皮膚に無害な近赤外線を照射するとグリーンの光が静脈に吸収されて静脈が浮き出て視覚的によく見えるということです。

穿刺


逆に反転モードで静脈をグリーンに投影した状態です。子供の血管は細く注射が大変なので、有り難い機器です。
VeinViewerは静脈の位置がわかるだけではなく、静脈の分岐や血流の動きまで確認することが可能です。
どの静脈が最も注射に適しているか、注射後の静脈内輸液はうまく循環しているか、ということまでわかるようになるため、潜在的な浸潤や合併症を回避することにもつながるとのこと

これは凄いです。
若い男性で、くっきり血管が出ている人は視覚的にも問題ないのですが、
病院に来られる方の多くは高齢の方。血管がわかりにくい!!
そんな時、VeinViewrを使えば、血管の走行が確認できると。
いいですね。ここまで機械は進化したかという感じです。
昔のように、指先の感覚、経験で培った技術という職人育成のような指導は今後なくなっていくのでしょうね。

患者サイドから見れば、看護師の穿刺成功率がアップするということは喜ばしいことですよ。
今でもありますが、上手い人は患者から指名されたり、下手の人には「変わって」という。このようなことは減るのでしょうね。

患者にとってメリットがあり、施行者にも精神的な重圧の軽減。双方にメリット。
こんな機器はどんどん進化して臨床に入ってきてほしいですね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ひまわり畑で少しだけリフレッシュ

くたびれナースマンです。

法事で田舎に帰省していました。
お休みがそんなに取れないので、日曜日をからませての3日間。
仕事から離れて少しはリフレッシュと思いましたが、
奥さんの実家なのでする事がなく、パソコンもなく、携帯の電波も入らず、
暇すぎて、考えるのは仕事の事ばかり、リフレッシュとはいかず、
反対に何もできないのでモヤモヤ感だけ溜まっていく帰省でした。
しかし帰阪する前に、立ち寄ったひまわり畑。
ほんの少し気分転換

ひまわり畑

時期が少し遅かったのか、花が下向きになっているのが多かったですが、
日頃、あまり見れない景色。この時だけは仕事を完全に忘れていました。

看護という仕事は、心身とも健康でなければ病気の方々に対応できないのではと考えています。
スタッフには、プライベートも充実させよ!と言っているのですが・・・。
仕事人間です。心の病にならないよう注意します。
ナースマンでした。


ご訪問頂いた方々、ありがとうございました。
またPCのある生活に戻りましたの訪問させていただきます。よろしくお願いします。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




お金も働きかたにも“こだわる”あなたには[ナースではたらこ]

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。