フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 献血不足。定期的にがんばります。

くたびれナースマンです。

年の瀬が迫る12月に献血を。2回/年、病院に来てくれるのので定期的に実施してもらっています。

献血カード

献血にまつわるこんなニュースが

献血者足りない 日赤試算、13年後85万人分


 高齢化で輸血の需要が増す中、必要量が最も多くなると予測される平成39年に、献血者が約85万人分不足することが日本赤十字社の試算で分かった。厚生労働省と日赤は1月から、「20~30代の若年層への啓発を強化したい」としてフィギュアスケートの羽生結弦選手をキャンペーンに起用し、呼びかけを始める。

 東京都の24年調査によると、輸血用血液製剤の約85%は50歳以上の患者に使用されている。日赤が将来の推計人口を使って計算したところ、輸血用血液製剤の医療機関への供給量は39年にピークを迎え、延べ545万人の献血者が必要となることが分かった。しかし、少子化などにより献血者が減ることから、延べ約85万人分が不足する見込みだという。

 昭和60年度に延べ876万人いた献血者は、平成19年度に過去最低の延べ496万人にまで減少。その後、集団献血に協力する企業の増加などにより回復し、25年度は延べ516万人だった。日赤は4年前に初めて将来予測を公表し、39年に約101万人分が不足すると試算。献血率の増加などにより、今回の試算では不足分は約16万人分減ったものの、いまだに大きく不足している。

 献血が可能な年齢は16歳~69歳までだが、特に若年層の献血者の割合が低くなっている。25年度の10代の献血者(延べ数)は10代全体の6・3%、20代は7・2%、30代は6・7%にとどまっている。

 そこで、日赤は32年度までにそれぞれ7・0%、8・1%、7・6%に引き上げるとの中期目標を設定。日赤血液事業本部の千葉泰之広報担当参事は「小学生に血液センターを見学してもらったりして、若年層に献血の重要性を伝えていきたい」としている。


こんなに足りないとは驚きです。病院にいると必要なら日赤に電話したら持ってきてもらえる。
そんな安易な思いがありました。
昔に比べたら、輸血を行う基準も厳しくなり使用量も格段に減少していると思っていたのですが、手術や化学療法をされている方、透析・腎性貧血、造血疾患など、まだまだ輸血療法が切り離せない疾患が多数あります。

少しでも足しになればと思い、継続して献血していきたいと思いました。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 集団感染。本当に怖いのは病院の衰弱

くたびれナースマンです。

流行性感染症=インフルエンザの集団感染のニュース

インフル院内感染97人 静岡、入院患者2人死亡

 静岡市駿河区の静岡済生会総合病院(石山純三病院長)は26日、インフルエンザの院内感染が発生し、入院患者35人と医師ら病院職員62人の計97人が発症したと発表した。このうち肺炎で入院していた2人が病状の悪化で死亡し、入院患者1人が重症。同病院は感染経路を調べている。
 死亡した2人は70代男性と80代女性で、発症後約12~20時間で亡くなった。病院はインフルエンザ感染が死亡に影響を及ぼした可能性もあるとみている。
 患者数(インフルエンザで入院した患者を含む)は23日2人、24日18人、25日56人と短期間で急増。26日も21人が発症し、まだ拡大する可能性もある。
 24日の時点で同病院は患者を隔離し、感染者と接触した入院患者に治療薬「タミフル」を投与するなど拡大防止に努めたが、その後も患者発生は続いた。
 同病院は重篤患者を受け入れる救命救急センターを備えた県内九つの第3次救急医療機関の一つ。現在、感染した病院職員62人を自宅療養させていて、スタッフ不足により循環器病の救急患者の受け入れを一時中止。病院機能の一部にも支障が生じている。


インフル感染状況



流行性感染症もしくは、院内感染症。恐ろしいのはその病院の機能を著しく低下させるということです。

院内で感染が拡大していくというのも問題ですが、その影響は様々な方面へ
今回の病院は、3次救急でありながら、受け入れを制限しなくてはいけない状況、それも循環器→心筋梗塞等の緊急度の高い疾患が多い。これが近隣の救急病院にしわよせが・・・。

一刻も早い終息を願いますが。

インフルエンザに限局して。
院内で拡散すていく状況、申し訳ありませんが仕方がないかも・・・・
インフルエンザが流行すれば、その人たちは病院に集まります。
ナースマンも昔、化学療法をされている患者さんに「(冬場)あまり外来に来ない方がいいですよ。」と言っていました。
インフルエンザ・通常の感冒。外来にわんさか居られますよ。
「うつるな」と言う方が難しい時期も。
受付の時点で、事務の方は濃厚接触
診察室・簡易キットでの検査で医師も濃厚接触
初療問診や対応で看護師も濃厚接触
薬の説明・指導で薬剤師も濃厚接触

咳エチケットの普及もあり、マスク着用して来院してくれる方がかなり増えましたが、その患者さんに対応するため、距離1m以内の濃厚接触は必須。
予防接種をしていてもうつります(うつる確率低くなると症状が軽く済むというのが予防接種)
入院になれば、医師・看護師の濃厚接触はかなり多くなります。
その職員が媒介になって、院内で広がってしまう。
どのように閉じ込めながら(感染を)対応するか、難しい課題です。

インフルエンザの流行が本格化しています。手洗い・うがいが基本。外出時はマスクで咳エチケットを!
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 看護師 救急医療を考える3

くたびれナースマンです。

救急医療の現状ということで、救急車の出動件数・対応する救急隊の増加推移・病院の増減等を数字から見てきました。
今回は、救急車を利用される患者側の統計を

傷病レベル別搬送数
備考
1.死亡とは、初診時において死亡が確認されたものをいう
2.重症とは、傷病程度が3週間の入院加療を必要とするもの以上をいう
3.中等度とは、傷病程度が重症又は軽症以外のものをいう
4.軽症等は、傷病程度が入院加療を必要としないものをいう。
5.その他とは、医師の診断がないものを等をいう。
6.( )内は構成比を示し、単位は%である。

大きな問題です。救急車で来院しても入院が必要なく帰宅された方が約50%弱。
何らかの発作が出現し、外来治療で快善したので帰宅というような、救急車を使わざる得ない事案もあるとは思いますが、それを差し引いても45%ぐらいは救急車を利用しなくても・・・。
45%の件数を引くと、3,500,00件程度になり、1,800,000件減少。対応する救急隊・病院の負担もかなり・・・。

救急外来に関しては、「コンビニ受診」や救急車をタクシーがわりにという問題があります。
実際に、ナースマンも経験が。
風邪で救急車⇒ この時点で病院側はモチベーション下がっています。
救急車着。歩いて下車⇒この姿を見た時は・・・・。

重症の方は、利用すべきです。反対に利用して下さい。救急救命士という専門職が対応してくれ適切な病院に搬送してくれます。自力で来院できる方は・・。
しかし、この線引きって結構難しいものなんですよね。
意識がないなどは、客観的に診ることができますが、「痛い」「しんどい」は主観であって、他人がその程度を判断するのはできないところです。
このような問題を少しでも解決したいということで、総務省消防庁が「救急車利用マニュアル」を作成されホームページで公開されています。
リンクフリーなので、下にリンクを張っておきます

救急車利用マニュアル  出典:消防庁ホームページ

完成度高いと感じました。使用もOKなので救急外来に置いておこうかなとも。

そのパンフレット中で問いかけが
~(救急車)本当に必要か考えてみましょう~
・蚊に刺されてかゆい
・海水浴に行って、日焼けした足がヒリヒリする
・紙で指先を切った。血は止まっているけど・・。
・病院でもらった薬がなくなった。
・今日入院予定日だから、病院に行きたい
・ヘルパーを呼んだが来てくれなかったので、代わりに救急車を呼んだ。
・病院で長く待ちのが面倒なので、救急車を呼んだ。

この問いかけは実例だと思います。今一度救急車の利用を考えましょう。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 看護師 救急医療を考える2

くたびれナースマンです。

救急統計の続きを!。右肩上がりで救急出動数は増加。
総務省の報告書では、2025年には年間600万件を突破すると予想されています。

そこで行政は搬送数増加に対応するため、救急隊を随時増隊し対応

救急隊推移
平成11年から見ると、すでに500隊ほど増隊させています。
増隊させる方法として、救急車と消防車はセットのため、新たに消防署を作るのではなく、搬送数が多い救急隊の所に第2救急隊を作り、対応するというのが一般的ですね。

行政としては予測値に基づき、着実に対策を講じていますが、受け入れる病院はどうでしょう。

救急施設数

平成18年から平成24年の1次・2次・3次の施設数推移です。
3次救急は増えていますが、2次救急は同じで推移
この2次救急が救急医療の要なんですが、患者・搬送数は増加しているのに・・・。平成23年から平成24年は減っています。

3次救急ですが、行政が示している役割として
・重症及び複数の診療科領域にわたる、すべての重篤な救急患者を、原則として24時間体制で必ず受け入れる
・初期救急医療施設及び第2次救急医療施設の後方病院として救急搬送患者を受け入れる
・医学生、臨床研修医等に対する救急医療の臨床教育を行う。
あと、設備・人員など高いハードルあるのですが、施設数が増えているというのは心強いですね。

2次救急の要件は
・救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること
・エックス線装置、心電計、輸血及び輸液のための設備その他救急医療を行うために必要な施設及び設備を有すること。
・救急隊による傷病者の搬送に容易な場所に所在し、かつ、傷病者の搬入に適した構造設備を有すること。
・救急医療を要する傷病者のための専用病床又は当該傷病者のために優先的に使用される病床を有すること。

入院設備をもっている病院なら該当するおもうのですが、救急指定を取り下げる病院が多いということですね。

特に医師の確保が難しいと聞きます。昔は研修医や経験年数が浅い医師のバイトという印象がありましたが、昨今このバイトに関して規制が厳しくなっているので、医師の確保が・・・・。

受け入れ施設がパンクし、それが3次救急に流れてしまう。前にも言ったように悪循環ですよね。
この問題は行政・病院だけではないですよね。利用される方々の問題も。
次回は利用側の統計を見てみたいと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 看護師 ME機器操作 慎重に!

くたびれナースマンです。

看護師の手順ミスで患者が意識不明の重体になったというニュースを

鎮痛剤過剰投与で患者が意識不明、山梨大病院

 山梨大学医学部付属病院で、入院中の女性患者に点滴によって鎮痛剤が過剰に投与されていたことが分かりました。患者は、一時心肺が停止し、今も意識不明の状態が続いています。

 山梨大学医学部付属病院によりますと、今月13日、入院中の高齢女性に対し、看護師が鎮痛剤の点滴を止める操作をしました。

 しかし、実際に点滴は止まらず、10分後に看護師が気づいた時には、すでに患者の心肺が停止していました。患者は蘇生しましたが、今も意識不明の状態が続いているということです。

 病院では点滴の管の栓を閉める操作を誤り、鎮痛剤が過剰に投与された医療事故と判断し、患者の家族に謝罪しました。

このニュースを読んで、ナースマンの想像の域ですが、輸液ポンプの操作ミスでフリーフロー状態で過剰投与ではと思いました。

心臓に作用と呼吸抑制を出す鎮痛剤なら輸液ポンプを使用していたのではないか、操作ミスという言葉からME機器?
と勝手な想像ですが・・・。

単純な点滴を止める作業はクレンメという点滴速度を調整する部分を操作するだけ。この行動しかないのでミスを起こすことはほとんどないのでは、もし操作ミスで完全に止めていなかったとしても、点滴速度が遅くなりますので過剰投与には結びつかないのではと考えます。
しかしここに輸液ポンプが存在してしまうとフリーフローという過剰投与を誘発する可能性があります。

輸液ポンプは停止させたが、点滴自体のクレンメを止めるのを忘れたという状況。
輸液ポンプは止めたが点滴を止めたと思いこんでしまう。
この場合、点滴を止めて輸液ポンプを停止させる。2つの行動が必要になる状況です。

フリーフロー

想像の域を出ないですが、このような状況だったのではと考えます。
その場で気づけば対応できるのですが、止めたと思いこむと、点滴が全開で投与されてしまう。過剰投与ですよね。
このような教育は新人教育の中に入っていますが、その後あまり教育されない部分です。
機械が新しくなったり、あまり機器を触らない部署。業務背景が各々違いますので、このような機器の取り扱いは定期的に勉強会をするべきですね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 看護師 救急医療を考える1

くたびれナースマンです。

総務省から救急活動の報告書から
前回は総搬送数と搬送時間に関して投稿しました。

搬送件数が毎年増えているというのも様々な問題を引き起していますが、搬送時間も大きな問題

特に今回病院側の問題である、受入照会回数4回以上の件数推移に関して。
4回以上というのは、救急隊が病院に電話をしても、何らかの理由で対応できないと回答で病院を探したということ。
よくニュースでは「救急のたらいまわし」と表現されています。
病院に照会する回数が多ければ、必然的に時間がかかりますので、現場から病院着までの所要時間を大きく左右します。

救急4回以上

分類に関しては総務省が出されているのをそのまま使用させていただいています。
全体的に見て、年間50000件強の救急が、4件以上病院に電話しなければ、受入病院が見つからないという現状。1日平均約136件です。
産科・小児はここ数年大きな変動はありません。
重症事例に関しても、じわりでありますが減少傾向です。
特記する点は一番上の救命センター事案です。確実に増加傾向です。

救命センターを3次救急と位置付け。
1次救命は診療レベル。2次救急は検査設備があり、入院ができる病院。3次は高度救命センターと住み分けされています。
現状、2次救命が破たんしており、そのしわ寄せが3次救命に行っていると聞きます。本来だったら2次救命が対応しなくてはいけない病態の患者が受け入れ病院がないため3次救命に搬送されているそうです。
その状況下で3次救命のマンパワーも限界で、本来の3次救命の役割が破たん。悪循環です。
救命センター事案が増えているのは、そういった背景もひとつの要因だと考えます。

全国の病院数は約8,500ぐらいです。そのなかで救急を対応する病院になると約4,000弱と聞いています。
救急患者の増加と対応する病院の数が比例していないというのが現状です。
次回もこの救急医療の現状についてを
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 看護師 救急の現場は大変です

くたびれナースマンです。

救急業務も経験しましたので、関連記事は興味津津です。

救急車の現場到着や病院への搬送までの時間、過去最悪に


救急車の現場到着や患者の病院への搬送までの時間が、過去最悪になったことが、消防白書で明らかになった。
総務省消防庁が19日に公表した2014年版の消防白書によると、通報から救急車が到着するまでの時間は、2013年は全国平均で8分30秒、到着から患者を搬送し、医療機関に収容するまでの時間は39分18秒で、ともに過去最悪となった。
また、2013年の救急出動件数も、過去最多の590万9,367件でだった。

ニュース的には、これだけだったのでどう最悪がよくわかりませんでした。
それならと19日に発表された消防白書から
まず、救急出場件数です
年々増加している。正しく救急車を使用しましょうというのは時々聞きますよね。

救急搬送数

平成13年から出動件数を見ています。 件数は右肩上がりでもうすぐ年間600万件に届く勢いです
高齢化社会が叫ばれている昨今、この増加は仕方がない部分かもしれませんが、平成25年の5,912,623件を日割にしてみると1日平均1万6,190件です。これは多いなという感想。
病院もそうですし、救急隊の数もパンクするのではと考えてしまいます。

次にニュースの中にもあった。搬送時間
119番から現場着と、現場着から病院収容までの時間をグラフ化

救急到着時間

ナースマンの勝手なイメージですが、119番したらすぐに救急車が来て、すぐに病院に運んでくれる。そんなイメージは完全に崩れました。
平均値の合算ですが、電話して病院に着くまで47.8分かかるということです。
30分ぐらい距離だったら、自分で病院に行った方が早いということですよね。

しかし救急車で行ったら、すぐ診てもらえる(待ち時間がない)。そこを狙って救急車を利用する人も。
前から言われているように、利用される方々のモラルも問題になることもあります。
病院、地域の救急体制にも改善の余地が・・・
次回、もう少し詳細な統計をご紹介したいと思います

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれナースマンです。

12月も3分の2が終わり、今年もいよいよ10日を残すだけ。
1年を振り返り、あれもできなかった。あれもしたかったのにと後悔ばかりしており、合せて大寒波。身も心も寒い日を過ごしています。
しかし12月と言えば、「冬のボーナス」。12月のモチベーションを上げてくれる日ですよね。
ナースマン、ボーナスを頂いても、全額奥さんに管理され、ローンと生命保険等で無くなるそうです。
またまた寒い話になってしまいます。

このボーナス、年収に加味され給与を目的で転職される方には重要項目ですよね。また病院で働いている看護師は、自分が頂いてるボーナスが妥当なのかどうか、他の職種の人はどれぐらい??
興味がありながら、なかなか把握できない内容をランキングで

医療関係ボーナス

看護師は6位・准看護師は7位ですね。ちょうど真ん中ぐらい。良くもなく悪くもなく。
ただし、業務量を考えると、納得できないと言われる看護師もいるので・・・・。

厚生労働省が出している全129職業で見てみると、看護師は32位で准看護師は44位と上の方に位置しています。

看護師、まだまだ女性の職業というイメージ
それなら、女の子の憧れの職業でのボーナスランキング

憧れ職業ボーナス

ダントツ看護師が1位です。
経験年数等は分析していません(すみません)

看護師の仕事はお金では・・・・・。参考までに
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれナースマンです。

またまた転職関連の記事を

転職をされる看護師さんは何らかの理由をお持ちです。

各々の病院で退職時、退職者から理由を聴取します。これは病院が改善するポイントがあるな参考にしようという意図があるのですが、今から退職する病院に対し、正直に退職理由を言ってくれる職員がどれだけいるのか?とくに人間関係や待遇が理由なら隠して、当たり障りのない建前を作るはず。
その点紹介会社はエントリーした看護師から本音の部分を聞きやすいという立場で、本当の退職理由を握っています。
そんな紹介会社が集計した退職理由ランキング

1位  ⇒  人間関係
2位  ⇒  転居のため
3位  ⇒  結婚・出産・子育て
4位  ⇒  ゆっくり働きたい
5位  ⇒  スキルアップしたい
6位  ⇒  給与アップ
7位  ⇒  家の近くで働きたい

2位・3位は仕方がないですよね。旦那さんが転勤ならついて行かれますし、結婚・出産・子育てはライフスタイルが激変しますので、そのあたりを考慮するとパートになられる方が多いですね
4位の「ゆっくりは」特に急性期の方が多いのでは、年々繁忙度が増しているような気がします。やはりバタバタしていると看護しているという達成感が薄れるので、ゆっくりと思うのでしょうね
7位の家の近く。これは結構多くの人が言います。また遠方で就職した方が、やっぱり通勤がツライということで短期で退職というパータンをいくつか経験しました(心では始めから解っていることやんと叫びながら・・・)
5位は難しいですね。スキルアップ。以前にも投稿しましたようにスキルアップが理由なら応援してあげたいです。今専門・認定看護師もありますし、致し方がないかも・・・

1位・6位は改善の余地が。
人間関係はダントツトップだと思います。よく女性の世界とも表現されます。人間関係に関しては合う合わないもあるので難しいですね。
給与は病院が頑張るかなんですが、転職が当たり前になっている中給与を引き上げて集めようとする病院が多いです。結果給与戦争が・・。時代を反映している状況ですね。

理由はともあれ転職を成功させるということがミッションの最重要項目
そこで紹介会社は良き参謀になってくれますよ
ナースマンでした。

↓ 一番下に各紹介会社のバナーがあります。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
くたびれナースマンです。

前回の続きで、実際にどこの紹介会社が・・・。
ここ数年、Best5と言われている紹介会社は不動になっています。
このまま看護師不足が続き、紹介会社が必要なら、この5社に絞られるのでは

ただ注意事項としてエントリーは3社以上です。
なぜかというと、少し病院の裏話ですが、
出入りできる紹介会社を限定している病院があります。
理由は懇意になり、より優秀な人材を頂くという方策と以前に病院とトラブルがあり出禁になっているパターン
つまり紹介会社によって、紹介できない病院が存在するということ。
もうひとつ、紹介料の問題があります。
この紹介料、病院にとってはできるだけ安価に抑えたい部分。当然値引き交渉している病院もあると思います。
A病院は紹介料20%、B病院は紹介料17%。紹介会社の立場なら紹介料が高いA病院を勧めます。
ホームページ等で看護師のためにと言っていますが、裏事情もあり転職を左右する可能性も。
それらを防止するためにも3社ぐらいはエントリーしましょうというのが通例になっています。

では紹介会社5社を (順不同です)

看護のお仕事





「サービス満足度No1」
「コンサルタントの対応満足度No1」
「友達に進めたいランキングNo1」
・全国13万件以上の病院情報数
・求人リクエスト機能
・病院との交渉おまかせ
・地域密着型サービス
・転職支援金最大12万円支給
・転職後のご相談OK

ナースパワー





・業界最多の求人38,000件以上
・応援ナースなら月収45万円以上確実!!
・業界最大級の全国13拠点で転職支援!!


マイナビ





・看護師日本最大級の転職サービス
・お客様満足度 96%
・登録(エントリー)は1分で完了

ナースフル





・母体がリクルート
・信頼度・認知度No1
・名前の通り、転職をフルサポート

ナースではたらこ





・看護師人材紹介顧客満足度3年連続第1位
・HAPPYボーナス 転職半年のお祝い10万円

どこを選択するかはあなた次第
年度末も迫ってくるので、満足できる転職を!
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。