フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「医療ミス」は死亡原因Top3?

くたびれナースマンです。

ゴールデンウィークはいかがでしたか?。間に平日が入ってしまい大型連休とは・・・。
また、ナースマンの家は、子供たちが仕事・バイト・クラブとバラバラ。遠出せず家でゴロゴロ(泣)

そんな勿体ないゴールデンウィークで見つけたニュース。

米国の死亡原因3位は「医療ミス」?
米国人の死因、第3位は「医療ミス」か 推計25万人が死亡

医師が切除部位を間違えたり患者を取り違えたりといった医療ミスがこのほど、米国で心疾患とがんに続く3大死因に浮上する可能性があるという研究結果が、英医学誌BMJの最新号に発表された。ほとんどの医療ミスは発見されないまま見過ごされているとも推測している。

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究チームが死亡率に関する調査結果などを分析したところ、医療ミスで死亡する患者数は肺気腫や気管支炎といった呼吸器系疾患で死亡する患者数を上回り、心疾患とがんに続いて米国で3番目に多い可能性があることが分かった。

米国では年間少なくとも25万1454人が医療ミスで死亡していると研究チームは推計。この数字には自宅や老人ホームで死亡した症例は含まれないことから、実際の死者数はこれを大幅に上回ると推測している。

医療ミスによる死者数は、米医学研究所の1999年の調査では4万4000~9万8000人だった。米保健福祉省の2008年の統計では、高齢者向け医療保険メディケアの患者だけで18万人としていた。

末恐ろしい統計が出ています。この件に関しては日本でも、交通事故より医療ミスの方が多いですよと研修等で言っています。

左右を間違い切除した。薬の過剰投与により死亡。呼吸器操作ミスにより死亡などニュースなどで報道されていますが、
本当の医療事故件数は・・・・。闇の中ではと思っています。

ハインリッヒの法則(労働災害の考え方で、医療ではヒヤリハットに関連してよく講義されています)で考えると、報道されている
部分は頂点の「重大事故」、その下には29の軽微事故、300のひやりはっとが・・・。本当に氷山に一角です。

大きな事故に遭遇するのは嫌ですが、自身が気づいていない「ミス」というのが数多くあるのではと考えています。

このような統計をみると、医療者が医療事故の当事者になる確率も高いと言うことです。
ゴールデンウィークで気が緩むタイミングです。少し医療安全に意識を持って仕事に入りましょう。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 救急業務あり方。病院に直接関係しますよ。

くたびれナースマンです。
最近の話題(熊本大地震)から、がらっと話題を変えて
本日は救急関連に

救急活動に関しては、利用される方・受け入れる病院、対応される救急隊など問題が山積している状況。
この状況下、国が主導で検討会を立ち上げ、対策に取り組むみたいです。

救急活動の問題。

利用される方の問題。受け入れる病院の問題。実際に活動される救急隊の問題。大きく3つに分類できるのではと思います。
統計的、平成26年救急出動数は598万4,921件、搬送数は540万5,917件に年々増加傾向。
救急車は5.3秒に1回出動、国民の24人に1人が利用していると統計が発表されています。
高齢化社会のピークである2025年に向けは必然利用数は増加を辿って行く。救急活動はパンクするだろうと予測されています。
検討会では大きな目玉として、「救急車の適正利用の推進」という検討項目が上がっています。

救急車の適正利用の推進

この項目では課題を細分化しており、
①頻回利用者への対応方策の検討
②転院搬送における救急車の適正利用の促進を図る方策の検討
③消防機関の救急車以外の搬送資源の活用
④救急車の適正利用の推進にかかる海外事例の調査
⑤適正利用に関する消防本部へのアンケート
となっています。
救急搬送の約49.4%は軽症事例で、利用者に向けてリーフレットなど作成し啓蒙活動は以前からされているので今回上がっていませんが、頻回利用者への対応は新規で取り組むみたいです。
病院関係者として、関係しており気になる項目は②の転院搬送依頼ですね。
この転院搬送、全体の約8%ほど占めているそうで、432,000件に相当します。
かなり多いなという印象です。
緊急を要する患者に対し専門病院への転院搬送は協力を頂きたい部分ですが、この検討会で取り上げられているのは「下り搬送」。
検査目的や後方病院への転院の際に救急車を使う医療機関があるとのことです。
この部分の適正化を図ることができれば、搬送数が減るという考えだと思います。

病院から見た問題点

たしかに転院搬送に40万件は多いです。
特に検査目的や後方病院への転院は自院の搬送や民間搬送業者で対応できる範囲ではないかと思います。
しかし、病院側見ると、根本的に搬送用の車を確保しているかという問題が浮上します。
搬送用の車を保有していると言う点は多くの病院がクリアしていると思いますが、台数ですね。
1台しかない病院は、ほぼ対応できないと思います。患者獲得のため多くの病院が搬送者を使い、自宅までお迎えに行ったり、検査の送迎をしていると思います。それ以外に外来診察や検査のために施設の車が来たり、搬送業者が来たりと、現状でも出来る限り救急車以外の搬送資源を活用しようという動きになっている感じるのです。それでも足りない場合に救急車を選択するという病院も存在すると思います。
病院の本音の部分は、緊急以外は他の搬送手段を選択しているが、どうしても対応できない部分を救急車に・・・・。かなと感じています。

着目点は凄いなと思いました。ナースマンまったく盲点で、そんなに件数があるんだと再認識させられました。
ただ、現状の他の搬送資源を使ってでも、救急隊に頼らなくていけない事案のあることをご理解したうえで、検討して頂ければ、実情に沿った対策が生まれるのでは思います。

どちらかというと、転院搬送で救急隊にお世話になっている立場ですが、検討会の資料を読み感じたことを報告させて頂きました。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




最大69%OFF!ネット限定セール開催中 ナースリー



このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 医療界の内情を表している気がします。

くたびれナースマンです。

病院内情を表出した様な感じと医療者としてどうなのと2つの事を感じ取ったこんなニュース

前立腺がん検査用の針、洗浄して使い回す 山梨の診療所

 山梨県都留市の診療所が、前立腺がんの検査で用いる使い捨ての生検針を、複数の患者に洗浄したのち使い回し、県の指導後も使い回しの事実を多くの患者に伝えていないことがわかった。生検針の使い回しには、ウイルスや細菌などの病原体が身体に入り引き起こされる、様々な感染症のリスクがある。県は再調査を検討している。

 生検針は先端が2重の筒状で、くぼみがある。肛門(こうもん)から挿入し前立腺の組織を切り取るため出血することもある。製品の説明書で「再使用不可」とされている単回使用器材で、使い回しは禁止されている。厚生労働省の通知でも不適切とされている。

 山梨県は2013年7月の立ち入り調査で生検針の使い回しの実態を把握。診療所に対して、再使用を行ったすべての患者や家族に説明と謝罪をし、血液検査するよう指導した。診療所は同年12月、指摘のすべてを実施したという内容の改善報告書を、県に提出。

まず1点目、病院の内情を表出したような

この再利用の問題。時々ニュースとして出来てきます。
基本的な考え方は、患者に侵襲ある処置を行う道具(医療器具)に関しては、粘膜との接触や血液付着が前提に
なることが多く、ほとんどの道具(医療器具)がシングルユース(1回使用)とされています。
またメーカーサイドも再使用禁止を強く添付文書等で言っております。

再使用が可能な医療機器に関しては、洗浄方法・滅菌方法がメーカーからマニュアル化されているのが一般的ですが、
昨今ほとんどがシングルユースになっています。
(医療廃棄物の増加と言う問題は、機会があったら勉強したいと思います)

結構強く、単回使用が言われているのに再利用してしまうのかというと、単純にコストです。
医療器具、かなり高いです。
例えば、1本1万円としましょう。単回使用ではコスト1万円です。
ルールを破り2人に使用した場合、コストが5000円になります。
3人なら3333円。4人なら2500円。単純に粗利益が増えていきます。
悪魔のささやきです。再使用すればするほど、利益を生んでしまいます。
遠い昔、病院ではこの再利用横行していました。現在も・・・・。ニュースに出てくると言うことは・・・・。

もうひとつ医療人としてどうなのという点。
ルール違反が見つかり、行政指導も入っております。その指導内容は、患者・家族に説明・謝罪し血液検査等でフォローを
しなさいというもの。
これを行っていないと言うのは・・・。どのような考えをお持ちなんですかね。
ルール違反は発覚しているんですよ。悪いことをしたんです。それに対し説明・謝罪をしていない。
加えて、指導内容を実施していないのに、実施したと虚偽の報告をしているなんて・・・・。
一般社会で虚偽が発覚すると倒産しますよ。医療だから許されるというものではありません。

真実を伝え、謝罪する。すごく当たり前のことが医療はできないですよね。
説明・謝罪というkeywordで、以前話題になった「ハーバードの謝罪マニュアル」を思い出しました。
(内容や日本に沿うのかなど色々論議はありますが、今回はスルーです)

実際に医療の現場にいる人間から見ても、医療界と言うのは高慢で隠蔽気質が強い職種だと思います。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




動画像編集ソフト付![DellGraphic Pro]



このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 予防接種、痛いんですがルールを守りましょう。

くたびれナースマンです。

先日、子供が予防接種をしたみたいで、
「ナースマン、見て。腫れて痛いねん」と
予防接種後を見せてくれました。結構腫れていました(笑)
アレルギー反応で腫れるのは致し方がないので、時間経てばひくよといいましたが
痛そうでした。
予防接種

この前に小学校を卒業した子。予防接種?
予防接種と言えば小児しか印象がなかったので、ふと疑問を感じ
予防接種の種類を調べました。
”DT(二種混合)予防接種。
ナースマン。ますます????
ここは、インターネットの力を借りて
DT予防接種
ジフテリア(D)、破傷風(T)の各ワクチンを混合したワクチン(DT)
三種混合(DPT)1期4回終了後の2期として、11~12歳時に二種混合ワクチン(DT)で
接種を1回行います。とありました。

予防接種って、種類が増えたりスケジュールが結構決められているだなあと感心と
医療従事者でありながら、知らない事が・・・(泣)

そんな他愛のない会話をした後に、関連?したニュースを発見。


3回注射するのは可哀想…乳幼児にワクチン3種接種

 東京・北区の小児科クリニックで、風疹など3種類のワクチンが混ざったものを36人の乳幼児に接種していたことが分かりました。

 2月、北区の女性が熱を出した1歳の息子を連れて病院を訪れ、風疹、水ぼうそう、おたふくかぜのワクチンを混ぜて接種した」と話しました。北区が調べたところ、クリニックでは、1歳から5歳までの乳幼児合わせて36人が同じワクチンを接種したことが分かりました。
 病院の利用者:「回数が少なければいいなとは(思う)。でも安全が一番ですよね。ちょっとびっくり。動揺しています」
 クリニックの男性院長は、北区に対して「3回注射するのは可哀想だから」と説明しています。厚生労働省は、予防接種法の規則で用法や用量が決まっているのでそれを守るのが基本としています。

なにか複雑な心境です。
親としたら、痛い思いをする回数が減る。これだけを取り上げたらいい事かもしれません。
このクリニックの院長の考えは、患者視点でいい事かも。
しかし、しかしです。
混ぜることでの、薬剤の影響。
複数同時接種による身体の影響
抗体獲得の期間や、持続期間の影響。
根拠があって、行ったものとは考えられません。
根拠がないといううことは、安全性が確立されていないと言うこと。
医療に関わらず、様々なリスクを低くしていくというのは常識。

この場合は予防接種の効果を最大限引き出すになると思うのですが、
目先の苦痛除去だけにとらわれてしまったのでは感じます。

特に医療は、苦痛を伴う行為が目白押しです。
それらの苦痛がなくなればBestですが、不可能なことも・・・。
安易な判断での省略は避けなければなりませんね。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!



このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 笑う門には・・・。いいこと尽くめの「笑い」

くたびれナースマンです。
笑いが絶えない、明るい人(家庭)
羨ましですね。なにか生き生きしていて元気一杯のイメージがあります。
そんな「笑い」に関して、こんな調査結果が

笑い


笑わないと脳卒中リスク増える? 千葉大など調査
普段、笑うことがほとんどない人は、ほぼ毎日笑う人に比べて脳卒中のリスクが1・6倍増えるとの調査結果を千葉大や東京大などの研究チームが発表した。

 2013年に全国の65歳以上の高齢者に調査表を送り、回答のあった2万934人を分析した。笑う頻度は「ほぼ毎日」「週に1~5回」「月に1~3回」「ほとんどない」の4段階で自己申告してもらった。

 「ほぼ毎日」を基準とした場合、ほとんど笑わない人は、脳卒中にかかったことがあると答えた割合が1・6倍高く、心疾患も1・2倍だった。研究グループは「笑いが脳卒中や心疾患の発症を抑える可能性を示した」としている。

「笑い」が健康に良いというのは昔から言われていますね。
笑いで病気が治ったという本も見たことがあります。
この笑いに関しては科学的にも健康効果があると言われています。

特に免疫力アップ!!
身体には悪影響を及ぼす物質(ウイルス)を退治してくれる細胞が存在します
それは、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)
このNK細胞が活発だと、がんや感染症にかかりにくくなると言われています。

笑うことにより、免疫をコントロールする間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。
笑いによって作られた善玉神経ペプチドが、血液やリンパ液を通じ体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞が活発化。免疫力がアップするという仕組みらしいです。

また他にも「笑い」の効果が
・脳の働きが活発化
・血行促進
・自律神経のバランスが整う
・筋力アップ
・幸福感と鎮痛効果
いいこと尽くめの「笑い」
年がら年中、笑っていることは不可能ですが、色々な事楽しみながら過ごせるように意識したいと、
家庭でも笑いを意識したいですね。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。