フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • エコノミー症候群。少しの運動で予防しましょう。

くたびれナースマンです。

熊本の大地震から数日経過していますが、余震が収まらないですね。
それも震度3以上が頻発しているので、予断を許さない状況。
関連性はないと思うのですが、昨日奈良でも地震。
西日本全体的に何かが起きているのかと不安が募ります。

発生直後から2~3日は、地震に直結した被害状況が刻々と報道されていましたが、
今朝は、震災関連として、エコノミー症候群がクローズアップされていました。

肺塞栓症。病院では高齢の方や手術患者を対応していると、よく聞く病名(病態)ですが、
震災で??という第一印象。
ニュースの内容を聞いていて納得しました。

車中泊をしている被災者の方々が発症しているとのこと。
まさしくエコノミー症候群ですね。
前回書きました、クラッシュ症候群も重篤ですが、このエコノミー症候群も重症化しやすい疾患です。

エコノミー症候群について
エコノミー症候群

静脈血栓塞栓症
静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)とは、肺血栓塞栓症(Pulmonary embolism:PE)と深部静脈血栓症(Deep vein thrombosis:DVT)を併せた疾患概念である。
飛行機内などで、長時間同じ姿勢を取り続けて発症することがよく知られており、エコノミークラス症候群あるいはロングフライト血栓症と呼ばれることもある。

下肢や上腕その他の静脈(大腿静脈など)に血栓(凝固した血のかたまり)が生じ、静脈での狭窄・閉塞・炎症が生ずる疾患。環境要因としては脱水、感染、旅行・長期臥床・手術などによる血流鬱滞がある。先天的要因としては、プロテインC、プロテインS、アンチトロンビンなどの線溶系因子の先天的低下、欠損などがみられる。(日本人では凝固第V因子の異常である Factor V Leidenはみつかっていない)後天的要因としては、ループスエリテマトーデス、抗リン脂質抗体症候群、血管炎症候群などの膠原病・自己免疫疾患などがある。
この血栓の全部または一部が千切れ、血流に乗って下大静脈→心臓を通りぬけ、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると、肺塞栓症となる。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血液が流れず、ガス交換ができなくなる。その結果、換気血流不均衡が生じ動脈血中の酸素分圧が急激に低下、呼吸困難をきたす。また肺の血管抵抗が上昇して全身の血液循環に支障をきたす。軽度であれば胸やけや発熱程度で治まるが、最悪の場合は死亡する。

分類
肺血栓塞栓症(はいけっせんそくせんしょう)
上記のように、死亡の危険性が高い疾患である。塞栓をきたす血栓が大きい場合は即死をきたすことがあり、原因も不明な場合が多い。欧米では循環器疾患による死亡原因として3番目に多い。肺組織が壊死に陥ること(肺梗塞。Pulmonary Infarction:PI)が10-15%に認められる。肺梗塞は比較的末梢の肺動脈閉塞や、ベースに心疾患や呼吸器疾患を有している場合に生じやすい。
肺動脈血栓塞栓症の成因としてはヒラメ筋静脈血栓がしばしばみられる。
深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)
深部静脈(大腿静脈・膝窩静脈など、体の深部にある静脈)に血栓が出来る病気。肺血栓塞栓症の主な原因である。肝静脈に血栓が出来るとバッド・キアリ症候群を起こす。

原因
血栓ができるのは「長時間の足の運動不足」と「乾燥」が原因と考えられます。
①「長時間の足の運動不足」・・血液は、筋肉の収縮運動で足から心臓に戻ります。長時間、足を動かさないままでいると、血液の流れが滞って、血液の塊ができやすくなります。
窓側や6列の座席の中央などに座った人は、つい他の人に遠慮して席を立たなかったり、目的地に着くまで8時間とか9時間、一度もトイレに行かなかったりすると、ますます『エコノミークラス症候群』を発症する危険性が高くなってしまいます。
②「乾燥」・・・機内の湿度は5~15%とたいへん低く、砂漠より乾燥した状態です。この湿度では普通、1時間に80ccの水分が体から失われます。このような状態で水分を補給しないと、血液が濃くなってドロドロになり血栓ができやすくなります。
症状
軽い場合は、片側の足のむくみや痛みがあります
この症状はすぐに分かることもあれば、時間が経って分かる場合もあります。
重症例では足にできた血の固まりが肺に詰まり、息が苦しくなり、胸の痛みを訴えて失神することがあります。
足のむくみはわかりにくいのですが、片足の膝の裏あたりが腫れて痛いというのが他の痛みとの違いです。
エコノミークラス症候群になりやすい要因
 1.中高年の人
    (加齢で血管内壁が傷ついているため。50歳以上の人に多く発症しています。)
 2.肥 満(脂肪が血管を圧迫して、血流が悪くなり血栓ができやすくなります。)
 3.以前大きな手術を受けた人(血管に傷がついている場合があります。)
 4.下肢に骨折のあるひと
 5.糖尿病・高脂血症・高血圧など生活習慣病の人(血管内壁が傷ついているため)
 6.下肢静脈血栓を起こしたことがある人
 7.血液が固まりやすい人
 8.経口避妊薬を飲んでいる人
 9.妊娠中・出産後などの人
 10.激しいスポーツをしている人(サッカー、格闘技など)
 11.悪性腫瘍の人

2002年に日本人サッカー選手の高原直泰が旅客機での移動に際してエコノミークラスより格段に広いビジネスクラスを利用して発病したこともあり、エコノミークラス以外なら安全ということではない。このため旅行者血栓症とも言われるが、日本旅行医学会はバスなどでの発生はまれだとしてロングフライト血栓症に改称することを提唱している。
エコノミー

2004年の新潟県中越地震では、自動車の中で避難生活を送る人たちの中にエコノミークラス症候群の疑いで死亡するケースが相次いだ。

何かしらの災害に被災した際、車中泊はありましよね。
例えば、避難所が一杯で入れないとか、建物の中にはいると倒壊するかも不安が強くなり入れない(PTSDなど)
被災地では、車中泊が避けれない状況は起こると思います。
また今回、救援物資が滞っているとも聞きます。特に飲料水。
エコノミー症候群の重要要因である「脱水」を招いてしまう環境が発生しているのも要因かもしれません。

余震が続いている中難しいかも知れませんが、適度な運動や座ったままできる足首の運動。
脱水予防のための水の確保。
何もできないナースマン。ブログを書くだけですが、熊本、頑張ってください!


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2016.04.14熊本大地震

くたびれナースマンです。

昨晩の熊本での地震。びっくりしました。速報でも震度7と出ていましたので、、結構ゆれてだろうなと
震源地も海だろうと勝手な思い込みで、朝になりさらにびっくりです。
震源地は九州ど真ん中。日の出とともに被害の甚大さがニュースで発信されています。

ナースマンは大阪なので、関西圏には揺れもなにもありませんでしたが、九州は全域で揺れたみたいですね。

阪神・淡路大震災を経験し、東北大地震では自然の恐ろしさを痛感させられ、地震とくに規模の大きい大地震は
恐怖を覚えていましたが、今回も匹敵するのではと思います。

各TV局が空中から被害状況を実況していますが、家屋倒壊が多いような気がします。
阪神・淡路では家屋倒壊と発生時間が朝6時で朝食準備で火を使っていた家庭が多く火事。
東北大地震では津波。

今回発生時間が21時。夕食も終わり、お風呂、就寝など自宅内にいた方が多いのでは。
この状況では家屋倒壊による下敷きが多いのでは思います。
朝のニュースでもすでに亡くなっている方が数名いて、原因は家屋倒壊での下敷き→窒息と言われていました。

家屋倒壊での被害が多いということは、阪神・淡路大震災で脚光を浴びた「クラッシュ症候群」を思い出しました。

別名、挫滅症候群とも言いますね。

クラッシュ症候群は、がれきなど重いものに腰や腕、腿(もも)などが長時間挟まれ、その後圧迫から解放されたときに起こる。筋肉が圧迫されると、筋肉細胞が障害・壊死を起こす。それに伴ってミオグロビン(たん白質)やカリウムといった物質が血中に混じると毒性の高い物質が蓄積される。その後救助される時に圧迫されていた部分が解放されると、血流を通じて毒素が急激に全身へ広がり、心臓の機能を悪化させて死に至る場合が多い。たとえ一命をとりとめたとしても、その後腎臓にもダメージを受け、腎不全で亡くなってしまう場合もある。
1995年1月17日の阪神・淡路大震災でがれきの下に埋まった状態から救出された人が数時間経った後に症状が急に悪化し、死亡した例は多数に上る。これが俗に「クラッシュ症候群」(別名:クラッシュシンドローム・挫滅症候群)と呼ばれるもので、この時はまだ一般に広く認知されておらず、概算の記録ではあるが、少なくとも372人が発症し、そのうち50人が亡くなっている。これを契機に、日本ではクラッシュ症候群が認知されるようになり、災害医療のあり方も大きく変わった。
歴史的には第2次世界大戦中、ロンドン大空襲を受けてがれきの下敷きとなり、救出された人たちが発症したのが最初の報告例とされている。最近では2005年のJR福知山線脱線事故で車両に多くの人が挟まれ、病院搬送後に発症し、うち1人が亡くなっている。

助けて安心している最中に、みるみる悪化すると言うクラッシュ症候群。早期に対応できたならリカバリー率は高いです。
透析が必要でも、早期に離脱できる症例をが多いです。
問題になるのは被災地において、透析できる病院も被災している可能性があるということです。
阪神淡路の場合は、緊急透析ができる病院を大阪に依頼していました。
東北大地震では、維持透析の患者を関東だけではなく、関西圏にも依頼がありました。

医療施設・医療器具が揃っている条件でリカバリー率が高くなりますが、揃わない被災地では懸念されるのでは
考えております。九州に近い、四国・中国地方を巻き込みでの対応が必要かも知れません。

余震が続いております。安否確認も進行中だと思います。関西と離れた位置にいますが、無事をお祈りし復興に向け
何かお手伝いできることはないか模索したいと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!


このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 別れと出会い。何か複雑な季節ですね。

くたびれナースマンです。

新年度が始まってしまいましたね。
今年は何回も言っていますが診療報酬改定があり、超~目玉の看護必要度も改定。
できれば、4月1日を迎えたくなかったナースマン・・・・(泣)

そんな傷心した心でしたが、4月1日入職式に参加させていただきました。
緊張した新入職者たち。なにか良いですね。夢を持ち生き生きしている顔です。
ナースマンが入職した20数年前、どんな夢を持っていたのか???。
完全に失念しており、日々しがらみと闘ってストレスばかりで、すこし悲しくなりました。
新入職者たちと接し、また頑張ろうと・・・。
sakura.jpg


しかし、3月末の年度末はお別れがいつもより多い気が。
頭の中で、柏原芳枝恵の ♪~春なのにお別れですか~♪が流れていました。
(世代が・・・・)

悲しいお別れと、フレッシュな出会いが交錯するこの時期。
前を向いて進まなければ、厳しい医療情勢を乗り越えれないので、気を張らなくてはいけません。
自身に言い聞かせて、進むしかないです。

ナースマンの気持ちを前向きにしていただいた入職式。ここ数年、少し残念な光景があります。
国家試験を落ちた人が存在するということです。
看護師1本(滑り止めの准看護師を受けなかった)のため、不合格だった場合免許なしです。
ここ数年連続しており、看護補助で入職し来年、再受験というパターンになっています。
今年の看護師合格率は89.4%。90%を切ったので難しかったかなと思います。
しばらくはショックだと思いますが、1年間看護師と違う視点で看護に携わり、免許取得時には
必ず、1年の経験が糧になると考え、頑張ってほしいですね。

3月末の時点で各職種の国家試験合格率が出ていたので表にしてみました。

2016合格率

各職種 例年とそれほど大差はないですね。
やはり新卒の合格率は高い。ストレートで合格する。これが大切な事になります。
既卒の合格率は大きく下がります。かなりの気合を入れて1年間を過ごさなければしんどいです。

医師・看護師は合格率高いですね。他の職種と比べると10%ぐらい高いかなという印象。
簡単ではないと思うのですが・・・。他職種が厳しいのですかね。

少し前のYahooニュースで、2025年に医師は過剰要員になるとありました。
今の段階から医学部の設置等に関して検討していらしいです。
高齢化社会と言われているの中、医療関係の職種で過剰という状態が起きるのか?と疑問はありますが、
7対1の絞め上げ等の影響で看護師も過剰傾向が起きるかもしれませんね。

また薬剤師の合格率を見て安心しました。
5~6年前の合格率60%。6年制にカリキュラムが変更になり、6年制の人たちが初めて受けた
国家試験の合格率60%。現場に薬剤師が確保できず、困った記憶があります。
しかし、合格率80%ならOKです。
改定で、かかりつけ薬局等、薬剤師の需要が上がっているので頑張ってほしいです。

実際に落ちた人は気持ち的にはしんどいですが、踏ん張りどころの1年です。
お手伝いはできませんが、頑張ってほしいです。
ナースマンも、新年度なので気持ちを切り替え頑張りたいと思います。
すぐにBSCの面談です。すでに気持ちが下降気味ですが・・・・。
ナースマンでした。



看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村





このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 夢の国へLet's Go

くたびれナースマンです。

ブログ更新をサボっていました。というより診療報酬改定で大忙しというのは建前で
私事でお祝がいくつか重なったので、今週の始めに家族旅行に・・・・。

診療報酬改定、年度末、関係ありません。
ライフワークバランス。看護の世界でもよく使われている言葉。
リフレッシュも兼ねての「命の洗濯」を

どこに行ったかと言いますと

TDL1.jpg
TDL2.jpg

東京ディズニーランド!!。
大阪からの距離、580km。運転手のナースマンは違う意味で夢の国でしたが、
家族はみんな楽しんだみたいです。

この家族旅行が仕事への活力になればと思います。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村






このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インフルエンザ。そろそろ来そうです。

くたびれナースマンです。

1月中旬より、かなり冷え込んできましたね。
年末年始、インフルエンザの患者がほとんど来院せず、ニュースでは1ヶ月遅れなどと言われています。
来週あたりに来そうですよ。
気象庁が1月17日晩から、来週にかけて今季最大の寒波と発表しております。

1-17寒波
(気象庁ホームページより)

東海から西日本は平年より平均気温がかなり低くなる確率が30%以上。
あまりにも年末年始が暖かく、これも異常気象でしたね。

みなさん御存じのとおり、インフルエンザは気温が寒くなると活発になります。その温度は5度とも言われています。
室内でしたら、温度を上げて、加湿をしっかりすればインフルエンザウイルスは死滅するといわれていますが、
外の気温が低くなる。人間の力ではどうすることもできません。

感冒

いよいよ来ますよ。インフルエンザの時期。
予防接種を受けられている方、受けたのが11月ぐらいと思います。今年は1カ月から1ヶ月半ずれ込んでいます。
予防接種をしていても罹患します。今年は時期もずれていますので油断大敵。

手洗い・うがい。基本的なことですが、予防としては一番有効です。
みなさん。気をつけてください。
ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ


にほんブログ村




ショップジャパン






[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。