フリー

PURE NURSE

AMAZON

はてブ

ナースリー

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 共同診療における指示監督義務

くたびれナースマンです

法的RM 共同診療における指示監督義務

今日の医療は多職種のチーム医療は当たり前で、同じ職種が数名絡むことも日常的に

次の3条件が整うと医療機関側に損害賠償責任があるということになる。

①医療機関側に過失が存在すること

②患者側に損害が生じていること

③過失と損害との間に因果関係が認められること

★複数の医師が関係する場合、責任の所在は次のようになる。

①問題になった医療行為とその医療を行った医師が特定できるならば、各医師の責任は独立して認められるのが原則

②問題となった医療行為とその医療を行った医師が特定できなければ、共同不法行為として関与した医師全員に責任がみとめられる。

③共同診療を行った医師の間に、指示監督の関係が存在するならば、監督的立場にある医師には「指示監督義務違反」があったとして責任を負う場合もある


★看護師が医師の指示に基づいて行う診療上の補助業務に関しては次のように考えられる

①指示監督者である医師の指示自体が間違っていれば、当然のことながら医師の責任は免れない。看護師の責任はケースバイケース。

②医師の指示は間違っていないが、看護師が間違えた場合、看護師に責任が存在する。このとき医師に対して「監督義務違反」の責任が何らかの形で問われることがある。

考えますよ。特に①のケース。医師が間違っているという場合。それをそのまま施行すると実施した看護師にも責任が生じる可能性があるということです。

薬剤師に疑義照会ではないですが、看護師も疑問を感じたら医師に質問を!
現実は言えないですよね。威圧的・高慢な医師が多いのはどこの病院でも一緒!
とくにこのケースの治療に踏み込むなんて「看護師のクセに・・」と言われるのが目に見えていますね。

しかし自分を守るためにも言う。言えないなら上司に言う・または言いやすい他の医師に言って対処するなど
なんらか逃げ道を作って身を守りましょう。
「医師と共同」言葉はきれいですが、実際の現場には似ても似つかない言葉かも・・・・

ナースマンでした(最後の部分も私見です)


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 法的RM 転医義務と応召義務

くたびれナースマンです

法的RM 転医義務と応召義務について

院内(同一病院内)における他科受診に関してです。

★総合病院ではすべての診療科が協力して診療を行う必要性があります。裁判でしばしば問題になるのは、その医師の専門性です(専門の医師が診療したかどうかということ)。

★患者の症状が初診医にとって専門外なら、初診医は専門医に紹介する必要があります。患者の病態に緊急性があれば、専門医に紹介しないと「転医義務違反」になってしまいます。「専門の科にみてもらいましょう」と声をかけ、患者が希望しない場合は「希望せず」とカルテに記載しておく必要があります。

★専門医は非専門医からの紹介を受けないと「応召義務違反(診療拒否、受入拒否)」になります。

145.jpg


★紹介する医師は専門医に「緊急性」を明確に示して他科受診依頼を行ってください
 例 すぐに診て下さい
    午後でもかまいません
    ご都合のよい日時でけっこうです  など

★患者に緊急性がある場合は、専門医はできるかぎり早く診察してください。
 「診察しようと思えば診察できたのではないか」という場合は、裁判では責任を免れることはできません。診療できなかった理由をが具体的に立証できないと裁判では通用しません。

★休日・夜間の救急医療においても、その患者の症状に適した当直医が診るようにしてください。そしてさらに専門医にみてもらう必要があれば、専門診療科の医師に連絡してください。

院内の連携をベースに記載しております。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 法的RM 療養指導義務

くたびれ ナースマン です

法的RM 今回は 「 療養指導義務 」

ここでいう療養とは、「患者に対する直接的管理が及ばなくなるとき」のことで、具体的には「外出・外泊・退院」のことをいいます。療養指導義務ちは、「患者に対する直接的管理が及ばなくなるときに、医師が患者に対して適切なアドバイスをしなければならない」という義務です。

★療養により「悪しき結果」が生じることが予想される場合、それについて適切なアドバイスを行う義務がある

 ①どのような「悪しき結果」が起こりうるか
  例: 再発、誤嚥、転倒 など

 ②上記「悪しき結果」を避けるために何をすべきか、何をしてはならないか  
 ③これらを明確にわかりやすい言葉で伝える必要がある。

★もし外出・外泊が危険と考えられたら、それを許可してはならない。患者がどうしてもという場合は、主治医は「その危険性を十分に説明したが、患者はそれに従わずに外出・外泊・退院した」とカルテに記載しておく必要がある

よくある場面ですよ。特に緊急入院された患者に多いですね。
戸締り・電気、ガスの確認・お金の振り込み・連絡先の確認等々理由が出てきます
特に緊急入院なんで、準備もなにもしていない状況。わからんでもないですが、
緊急入院なんで、管理外になるのは危険なんですよね。

病棟で押し問答していますね。

説明に関しては医師ですが、その説明内容・理解の確認は看護師です。また再説明が必要時、看護師がすることもありますね。
その時必ず記録です。看護記録でOKです。説明した内容・反応記録して下さいね。公的な証拠になります。

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 入院加療義務と療養指導義務

くたびれ ナースマン です

法的RMシリーズ 今回は「入院加療義務」と「療養指導義務」です


救急医療で特に問題となるのは、入院させる必要があるか否かの判断

救急車


入院が必要な患者に対して、医療機関側には「入院加療義務」があります

・入院させずに帰宅させ、「悪しき結果(死亡、後遺症)」が生じた場合、帰宅させたこと自体に責任があるとされることがあります。入院加療義務が認められない場合でも、経過観察を患者本人・家族に委ねるわけであるから、「療養指導義務(患者に対する直接的な管理が及ばなくなるときは、医師が患者に対して適切なアドバイスをしなければならない)」が厳格に認められることになります。

★帰宅させる場合は、次のことに注意
①患者・家族に患者の経過観察の必要性とその内容を説明する。
②緊急時の適切な対応を説明する。「おかしくなったらすぐに連絡し来院するように」と説明
③緊急時の病院側の受け入れ態勢を整えておく。

時々遭遇する事案ですね。
救急外来で帰宅していただいた患者が急変。本当に気持ちがズンと落ち込みます
感冒で受診しAMIで急変。これは予測できないですが、気持ちはズン!

だからと言って、何でもかんでも経過観察入院というのも・・・。
時々といいましたが、滅多にですね。
医師の説明と記載しましたが、救急外来で帰宅してもらう時、看護師の再説明と確認は重要ですよ

必ず確認です。ナースマンでした


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 法的RM 過失相殺

くたびれ ナースマン です

法的RM 「過失相殺」

なかなか聞かない言葉かもしれませんが、車の運転免許をお持ちの方は

事故を起こした時、よく○対○でこっちが悪いんだよ。という話を聞きます。平たく言えばそれと同じ

どちらかが100%悪いという状況ではなく、お互い悪い部分があったよね。
病院は7割悪い・患者は3割悪いという風に分けてしまうこと
(簡単に解釈しようとしたら、こんな文章にすみません)

てんびん


過失相殺

悪しき結果の発生に対し、
①医療機関側に過失があったのみならず
②患者側にも過失があった場合

過失割合に応じて損害額が減額されることを過失相殺という。

過失相殺


そうなんですよね。全面的に病院に過失があるという事案もありますが、
患者側にもということもあります。その時登場するのが「過失相殺」
しかしあまり減額されると期待しないでください。

車でもそうです。歩行者 vs 車では 車が悪いから始まります。

医療事故でもそうです。患者は弱者というところからスタートしています。
事故を起こさなければ・・・。これも極論ですけど。気をつけましょう

ナースマンでした。


看護師 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。